青学・原監督「強いチームは指示待ちしない」

2年ぶり王座奪還、名将が作ってきた強い組織

「強いチームをつくるうえで、監督の役割は?」――。

よく聞かれる質問です。私の理想は、監督が指示を出さなくても部員それぞれがやるべきことを考えて、実行できるチームです。つまり、指示待ち集団ではなく、「考える」集団。言葉にするのは簡単ですが、考える集団をつくるには、豊かに実る土壌づくりと同様に相応の時間と労力が必要です。

人は結果をすぐに求めたがりますが、強いチームをつくるための土壌、つまり環境はすぐに構築できるわけではありません。ただ、その環境を整えれば、誰が監督になっても強いチームであり続けることができると私は考えています。

しかし、スポーツ界では監督が交代することで弱体化する光景をよく見ます。一般の企業はどうでしょうか? 経営者が代わってもそれまでと同じ、あるいはそれ以上に成長していく企業はたくさんあります。スポーツ界でも同じことができるはずだと私は考えて、青学陸上競技部と向き合ってきました。

部員を「相談できる人」に育てる

自分で考え、実行できるチームをつくるために、私が最初に取り組んだのは、部員を「相談できる人」に育てることでした。相談するとはどういうことか。たとえば、選手が「足が痛いです」と私に言ってきたとします。しかし、それは相談ではなく報告です。

だから私は、選手にこう問いかけます。「それで? 」。続けて、「いつからどこが痛いの?」「治るまで1週間? 10日? 1カ月? 」と質問を広げていきます。さらに、「治るまで1カ月かかるなら、いつまでに治すように努力するの? 」「それまでにできるトレーニングはA・B・Cがあるけど、どの方法でやってみたい? 」と具体的にしていきます。

そして、「今回はトレーニングAにしたいと考えていますが、監督はどう思いますか?」と自分で答えを出すところまで求めます。そのとき、それが本当の相談であると部員に話すようにしていました。

次ページ「考える人」にするための第1歩は
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT