青学・原監督「強いチームは指示待ちしない」

2年ぶり王座奪還、名将が作ってきた強い組織

第96回箱根駅伝、2年ぶりに総合優勝を果たした青山学院大学(写真:西村尚己/アフロスポーツ)
96回目を迎えたお正月恒例の箱根駅伝。青山学院大学陸上競技部(以下、青学陸上競技部)が2年ぶり5度目の総合優勝に輝きました。
昨年こそ東海大学に敗れ5連覇を逃したものの、王座に返り咲き。青山学院大学の強さがいまだ健在であることを示しました。かつては箱根駅伝の予選会さえ通過できない弱小チームをここまでに強くし、さらに勝ち続ける集団へと育ててきたのが、原晋監督です。著書『フツーの会社員だった僕が、青山学院大学を箱根駅伝優勝に導いた47の言葉』にも記されている常勝チームのつくり方を明かします。

選手を成長させていくことが役割

2年ぶりに箱根駅伝の優勝を果たすことができました。青山学院大学陸上競技部(以下、青学陸上競技部)が、大学駅伝の歴史にまたひとつ大きな足跡を残せたのではないかと思っています。

しかし、私が青学陸上競技部の監督に就任した2004年当時は、箱根駅伝の予選会さえ通過できない弱いチームでした。ようやくチームが結果を出し始めたのは、2008年です。33年ぶりに予選会を突破し、2009年1月の箱根駅伝本選に出場しました。翌年の本選では、8位に入賞してシード権を獲得したことが思い出されます。

選手たちは自信を持ってレースに挑み、笑顔で走り切って、結果を出してくれました。私は、彼らがこれからの日本陸上界を支える貴重な人材になったり、企業に就職してその会社を支える有益な人材になってくれると思っています。そのために、箱根駅伝や陸上競技を通して彼らを成長させていくことが私の役割だと思っています。

次ページ自分の頭で考える人に育てる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。