帰ってきた「ローラアシュレイ」新店戦略の焦点

日本撤退から約2年、ワールド運営で再出発

2年ぶりに日本で再出店することになった「ローラ アシュレイ」。クラシックな小花柄のデザインで知られるライフスタイルブランドだ(写真:ワールド)

クラシックな小花柄のデザインで知られる、イギリス発のライフスタイルブランド「ローラ アシュレイ」が、アパレル大手のワールドグループの運営で2020年夏にも日本で再出発する。

新たに店舗運営を担うのは、ワールド傘下で服飾雑貨や生活雑貨を中心とした事業開発などを行うワールドライフスタイルクリエーション。同社は、ローラアシュレイの国内でのマスターライセンスを持つ伊藤忠商事とサブライセンス契約を結び、リアル店舗とネット通販、卸売事業の展開を始める。

2020年8月ごろから出店を進め、5年後までに約30店体制へと拡大させる方針だ。

中高年女性を中心に根強いファン

ワールドライフスタイルクリエーションの西川信一社長は「衣・食・住と生活全般で商品を提案できることがローラアシュレイの強み。ブランドのポジショニングやクオリティーをさらに上げていきたい」と意気込む。

ローラアシュレイは、国内でも中高年女性を中心に根強いファンを抱える。

「歓喜!」、「嬉しすぎる」――。2019年11月、ワールドがローラアシュレイの再出店に関するリリースを出したところ、SNS上では長年のファンとみられるユーザーがコメントを続々と投稿。ワールドにも、具体的な出店時期などを確認する問い合わせの電話が殺到したという。

ローラアシュレイが突然、日本の店舗撤退を発表したのは2018年2月のこと。日本事業の運営元であったイオン子会社が同年をもって事業を終了し、100店以上の店舗を一気に撤退させたことは業界内で大きなニュースとなった。

次ページ日本1号店は1985年から
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナウイルスの恐怖
  • 令和の新教養
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。