うつ病の脳科学 精神科医療の未来を切り拓く 加藤忠史著

うつ病の脳科学 精神科医療の未来を切り拓く 加藤忠史著

毎年3万人を超える自殺者の少なくとも半数はうつ状態にあると指摘され、国内のうつ病等気分障害患者は90万人を超えたという。今のところ病因が解明されていないため、治療法も処方薬も手探り状態にある。

脳科学研究者で精神科医の著者によれば、最新の脳科学では、うつ病を引き起こす脳の病変をあと一歩で明らかにできるところまで、研究が進んでいるという。しかしこれらはまだ基礎研究の域を脱しておらず、さらに「精神疾患の脳研究」へとつなげていく必要がある。

うつ病は本気になれば克服できると、がん同様の研究環境の整備、死後脳研究のためのブレインバンクの設立など積極的な対応策を説く。

幻冬舎新書 798円

  

関連記事
トピックボードAD
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 性暴力サバイバーの明日
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
大停電の北海道電力<br>情報開示を豪州に学べ

大地震をきっかけに、北海道全域で大規模停電が発生した。電力復旧は急ピッチだが、情報開示への消極姿勢は疑心暗鬼を招いた。2年前に大停電が起きた豪州の事例に学ぶ点が多い。