うつ病の脳科学 精神科医療の未来を切り拓く 加藤忠史著

うつ病の脳科学 精神科医療の未来を切り拓く 加藤忠史著

毎年3万人を超える自殺者の少なくとも半数はうつ状態にあると指摘され、国内のうつ病等気分障害患者は90万人を超えたという。今のところ病因が解明されていないため、治療法も処方薬も手探り状態にある。

脳科学研究者で精神科医の著者によれば、最新の脳科学では、うつ病を引き起こす脳の病変をあと一歩で明らかにできるところまで、研究が進んでいるという。しかしこれらはまだ基礎研究の域を脱しておらず、さらに「精神疾患の脳研究」へとつなげていく必要がある。

うつ病は本気になれば克服できると、がん同様の研究環境の整備、死後脳研究のためのブレインバンクの設立など積極的な対応策を説く。

幻冬舎新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT