うつ病の脳科学 精神科医療の未来を切り拓く 加藤忠史著

うつ病の脳科学 精神科医療の未来を切り拓く 加藤忠史著

毎年3万人を超える自殺者の少なくとも半数はうつ状態にあると指摘され、国内のうつ病等気分障害患者は90万人を超えたという。今のところ病因が解明されていないため、治療法も処方薬も手探り状態にある。

脳科学研究者で精神科医の著者によれば、最新の脳科学では、うつ病を引き起こす脳の病変をあと一歩で明らかにできるところまで、研究が進んでいるという。しかしこれらはまだ基礎研究の域を脱しておらず、さらに「精神疾患の脳研究」へとつなげていく必要がある。

うつ病は本気になれば克服できると、がん同様の研究環境の整備、死後脳研究のためのブレインバンクの設立など積極的な対応策を説く。

幻冬舎新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT