「性別に縛られない子供たち」の斬新な価値観

ジェンダーレスに対する意外な考え方

アメリカのZ世代が持ち合わせている、上の世代とはまた違う価値観とは(写真:Rawpixel/iStock)

2019年もあと1週間。アメリカでは恒例の『メリアム・ウェブスター辞典』が選ぶ、今年を代表する言葉大賞「2019年Word of the Year」が「they」と発表され、日本でもかなり話題になった。

「they」はそのまま訳すと「彼ら」という複数を表す言葉だが、性の多様性配慮により、「he(彼)」、「she(彼女)」のように、性差を特定しない言葉として使われている。大賞に選ばれた理由は、いわゆるZ世代(1990年代後半から2000年代生まれ)を中心とした「若者の支持を得たため」とされている。

「多様性への配慮」気にするのは上の世代

が、正直この言葉がZ世代の支持を得ているという点に疑問を感じた。というのも、筆者が理事を務める地元の子供劇団には11歳から18歳までのZ世代が100人ほどいるが、彼らが上記の文脈で「they」と言っているのを聞いたことがないのだ。

舞台芸術は伝統的に、性的マイノリティーが進出しやすい分野で、劇団の中にも、ゲイ、レズビアン、トランスセクシャルは所属している。彼らを指導しにくるプロフェッショナルに至っては、ほとんどが性的マイノリティーだ。しかし、そんな環境にあっても、彼らは「they」とは言わない。

そんな中、先日、劇団の年末パーティーがあり、子供と大人を含めて300人近くが集まった。ちょうどよい機会だと思い、気になっていた「they」のことについて、ティーンのリーダー格の子供たちに質問をすると、意外な答えが返ってきた。

曰く「マイノリティーとか多様性配慮とか、騒いでいるのは年上世代。僕らにとってそれは当たり前で、時々大人がする配慮の意味がわからない。theyは知っているよ。でも、友達だったらそもそもそんな気遣いする必要ないじゃない?」。この時、私はハッとした。もしかしたら、「they」を後押ししたのは、この子たち世代ではないのかもしれない。

次ページジェンダーレスはすでに当たり前
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • トクを積む習慣
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT