「性別に縛られない子供たち」の斬新な価値観 ジェンダーレスに対する意外な考え方

拡大
縮小
アメリカのZ世代が持ち合わせている、上の世代とはまた違う価値観とは(写真:Rawpixel/iStock)

2019年もあと1週間。アメリカでは恒例の『メリアム・ウェブスター辞典』が選ぶ、今年を代表する言葉大賞「2019年Word of the Year」が「they」と発表され、日本でもかなり話題になった。

「they」はそのまま訳すと「彼ら」という複数を表す言葉だが、性の多様性配慮により、「he(彼)」、「she(彼女)」のように、性差を特定しない言葉として使われている。大賞に選ばれた理由は、いわゆるZ世代(1990年代後半から2000年代生まれ)を中心とした「若者の支持を得たため」とされている。

「多様性への配慮」気にするのは上の世代

が、正直この言葉がZ世代の支持を得ているという点に疑問を感じた。というのも、筆者が理事を務める地元の子供劇団には11歳から18歳までのZ世代が100人ほどいるが、彼らが上記の文脈で「they」と言っているのを聞いたことがないのだ。

舞台芸術は伝統的に、性的マイノリティーが進出しやすい分野で、劇団の中にも、ゲイ、レズビアン、トランスセクシャルは所属している。彼らを指導しにくるプロフェッショナルに至っては、ほとんどが性的マイノリティーだ。しかし、そんな環境にあっても、彼らは「they」とは言わない。

そんな中、先日、劇団の年末パーティーがあり、子供と大人を含めて300人近くが集まった。ちょうどよい機会だと思い、気になっていた「they」のことについて、ティーンのリーダー格の子供たちに質問をすると、意外な答えが返ってきた。

曰く「マイノリティーとか多様性配慮とか、騒いでいるのは年上世代。僕らにとってそれは当たり前で、時々大人がする配慮の意味がわからない。theyは知っているよ。でも、友達だったらそもそもそんな気遣いする必要ないじゃない?」。この時、私はハッとした。もしかしたら、「they」を後押ししたのは、この子たち世代ではないのかもしれない。

次ページジェンダーレスはすでに当たり前
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT