医療保険なんていりません! 荻原博子著

医療保険なんていりません! 荻原博子著

人気経済評論家が豊富な具体例を基に、上手に公的制度を活用しつつ、賢く医療保険を選ぶ選択眼を指南する。

「加入を慎重に考えたほうがいい保険」として、終身型医療保険、誰でも入れる保険、女性向け保険、がん保険を挙げる。3大疾病保険の中には保険料が高い割に支給される条件が厳しく、保険金がもらえないケースもあるという。

「入らなくてもいい保険」は、こども保険、お祝い金(ボーナス)がもらえる保険、「月々2800円で葬式代も出ます」という実態は傷害保険、住宅ローンの3大疾病保障、養老保険、個人年金保険。さらに、変額個人年金保険は手数料が高く、将来的な運用が不確定なので、老後の安心にならないと切り捨てる。

洋泉社新書y 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。