医療保険なんていりません! 荻原博子著

医療保険なんていりません! 荻原博子著

人気経済評論家が豊富な具体例を基に、上手に公的制度を活用しつつ、賢く医療保険を選ぶ選択眼を指南する。

「加入を慎重に考えたほうがいい保険」として、終身型医療保険、誰でも入れる保険、女性向け保険、がん保険を挙げる。3大疾病保険の中には保険料が高い割に支給される条件が厳しく、保険金がもらえないケースもあるという。

「入らなくてもいい保険」は、こども保険、お祝い金(ボーナス)がもらえる保険、「月々2800円で葬式代も出ます」という実態は傷害保険、住宅ローンの3大疾病保障、養老保険、個人年金保険。さらに、変額個人年金保険は手数料が高く、将来的な運用が不確定なので、老後の安心にならないと切り捨てる。

洋泉社新書y 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 離婚のリアル
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。