血液1滴でがん判別!東芝が生んだ技術の全貌

2時間以内に99%の精度でがん検査が可能に

東芝が開発した画期的なマイクロRNAチップ(記者撮影)

東芝が11月下旬に発表したのは、わずか1滴の血液から大腸がんなど13種類のがんを検出できる検査キット。2時間以内に99%の精度で初期の「ステージ0」(がん進行度:0からⅣまで5段階)からでも、がんにかかっているかどうかを判定できるのが特徴だ。

2020年から実証試験を開始し、数年内に人間ドックの血液検査などで実用化を目指す。2万円以下での検査費用に抑えたい考えで、幅広い利用を見込んでいる。

高精度かつ網羅的にがんを検出

東芝が注目したのが、細胞で作られて血液中に分泌されている「マイクロRNA」という物質。マイクロRNAは遺伝子やたんぱく質の働きに関わり、ヒトでは約2500種類ある。がん細胞が体内にある場合、マイクロRNAの一部の分泌量が増えることがわかっており、がん検診の診断マーカー(目印)として期待されている。

従来のがん検出技術は主に腫瘍マーカーやアミノインデックス、画像診断という方式が普及している。腫瘍マーカーやアミノインデックスでは採取した血液からがん検出が可能だが、網羅的な検出に未対応であったり、検査精度が低いなどの課題があった。

また、CT(コンピュータ断層撮影)やPET(陽電子放出断層撮影)などの画像診断も方式ごとに得意・不得意ながんがあるほか、検査費用が高額で時間もかかる。さらに妊婦にはCTやPETが使えないという問題もあった。

これらの課題を一手に解決したというのが東芝だ。開発を主導した東芝の橋本幸二・研究開発本部研究開発センターフロンティアリサーチラボラトリー研究主幹は、「簡便性、網羅性、精度のすべてを満たす技術はこれまでなかったが、東芝の技術では高精度かつ網羅的にがんを検出できる」と意気込む。

次ページ競合の検査キットと何が違う?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT