日本最初の盲導犬 葉上太郎著

日本最初の盲導犬 葉上太郎著

日ソ間でノモンハン事件が起きた1939年、盲導犬4頭がドイツから神戸港にやってきた。ドイツの国立盲導犬学校で訓練を受けたオス1頭、メス3頭のシェパードは東京に送られ、再訓練の後に臨時東京第一陸軍病院に献納された。戦争で失明した軍人の社会復帰を支えるためだった。

盲導犬の導入で軍の組織的合意があったわけではなかった。4頭の輸入では民間の篤志家や病院長、一部の軍首脳が尽力したが、国立の盲導犬学校を作りたいという関係者の思いは戦火にかき消されていった。だが、輸入された4頭および新たに育成された10頭前後の和製盲導犬は、失明兵士が生きる希望を取り戻すための先導役になっていく。

哀れなのは戦火や敗戦の混乱の中で多くの盲導犬が命を落としたことだ。しかし、人々の盲導犬に寄せる思いは、短歌や慰霊碑、位牌となって残っていた。3年以上の取材で書かれた本書は戦時下における普通の人々の記録でもある。

文藝春秋 1600円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT