起業家スーパー官僚が挑む、1000人留学計画

グローバル人材の日本代表が生まれる日

目指すは、グローバル人材のJリーグと日本代表

3つ目の特徴は、奨学生の選び方だ。これまでの奨学生は、基本的に、経済困窮者や、成績優秀者や、勉学を修める者に限られていた。しかし今回のプロジェクトは、より多様な若者にチャンスを与える仕組みだ。留学の定義そのものを変えたと言える。

「経済面では、世帯年収1200万以下という条件設定はあるが、従来よりもバーを下げた。しかも、選考に当たって成績はみない。慶応のSFC(湘南藤沢キャンパス)みたいに、大学1、2年で起業している人の中には、成績が悪くても優秀な人がいる。そして、勉強ではなく、体験や実績をともなう留学でもいい。極論を言えば、1カ月のインターンでもOK」(船橋氏)。

奨学生に選ばれた学生には、留学メニューの消化に加えて、現地で日本について発信することも求められる。そのためにも、留学前にしっかり日本について学ぶ機会を用意する。

「日本の若者は自己肯定感が低いと言われるので、それを上げたい。日本が世界でどう見られているかを知れば、自己肯定感がアップして、DNAをくすぐられるはず。日本のアイデンティティを意識し、日本を誇らしく思う状態を創っておいてあげたほうが、留学先でもメンタル的に倒れずらいし、コミュニケーションもしやすいし、日本のことも発信しやすい。一石三鳥のイメージ」(船橋氏)

もうひとつ、船橋氏が意欲を燃やすのは、グローバル人材のJリ―グ創設。たとえば、Jリーグが地域密着で運営しているのと同じように、各地域の青年会議所や商工会議所などが、みなで海外に送りたい若者を探して、留学するための資金をサポートするという形だ。「ゆくゆくはサッカー以外の日本代表を創りたい」と船橋氏は力を込める。

サッカーの世界のように、グローバル人材のサムライジャパン、なてしこジャパンが、世界と堂々と渡り合う――そんな日が到来したなら、その功労者として、船橋氏の名は後世に語り継がれることだろう。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。