「儲けたい」と「モテたい」は焦りが禁物な理由

「下心と恋心」は「遠交近攻」の逆説で考える

新潟県三条市にある広大なキャンプフィールド。敷地内にはスノーピークのヘッドクオーターも設置されている。テントやシェルターは、接合部分が標準化されているため、用途に応じて組み合わせることができる(写真:スノーピーク)
日本の経営学では、ビジネスモデルの実践研究が盛んだ。コンサルタントや経営者から研究者まで、いろんな立場の筆者が、思考法、多様なツール、パターン集などをまとめ、書店には多くの本があふれている。
このたび、日本のビジネスモデル研究の第一人者でもあり、早稲田大学で起業家育成プログラムを担当する井上達彦氏が、学術研究や海外のイノベーションプログラム、実務の最前線で使われている方法などを集約し、ビジネスモデルの発想法から事業の循環までを描いた『ゼロからつくるビジネスモデル』を上梓した。
同書は500ページを超える大作ではあるが、今回は、同書のエッセンスの1つを、話題のアウトドアブランドである「スノーピーク」の事例を用いて解説する。

空回りするビジネスモデル

異性にモテよう、モテようと思えば思うほど空回りして、モテ期を逃すという経験はありませんでしょうか。

『ゼロからつくるビジネスモデル』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

下心が見透かされ、異性にそっぽを向かれてしまうということです。読者の皆さんはそうでなかったにしても、そういうわなに陥った友人の1人や2人はいたかもしれません。

ビジネスモデルについても、同じことが言えます。

儲けよう、儲けようと思えば思うほど、収益が伸び悩むということがしばしばあります。私は、これを「ビジネスモデルのパラドックス」と呼んでいます。すなわち、収益を上げることばかりを気にしていると、かえって顧客にそっぽを向かれて、儲からなくなってしまうという現象です。

なぜ、このようなパラドックスが生まれるのか、学術的にも説明できそうです。ここでは、私が『ゼロからつくるビジネスモデル』のインタビュー取材で聞いた、実務の事例の1つと照らし合わせながら解説していきましょう。

次ページパワフルなビジネスモデルを求めて
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。