既婚男性は「運動部」が圧倒的に多いという現実

学生時代の「部活と結婚」に関係はあるのか?

文部科学省の大臣官房調査統計課資料によれば、1955年の高校生の運動部加入率は、男子41%、女子23%でした。戦後高度経済成長期から平成にかけて、男女ともに運動部加入率は大きく増加したと言えるでしょう。

ちなみに、中学2年生では、運動部加入率は男子80%、女子57%とかなり高い数値です。中学と高校を比べると、男女とも運動部率が下がり、文化部と帰宅部比率が上がります。これは、調査年を変えても傾向としてはほぼ同じです。

部活と配偶関係別の調査

次に、中学・高校生ではなく、20歳以上の成人が中・高時代にどんな部活動をしていたのかについて、現在の配偶関係別に調べてみました。なお、ここでソロ男女と定義しているのは、未婚男女のうち「まだ結婚したくない」「結婚するつもりがない」という結婚に対して後ろ向きな層だけを抽出しています。

まず、男性を見ると、明らかに、既婚男性の「運動部」所属率が全年代通じて高く、とくに、20~30代既婚男性は運動部所属率90%近くと突出しています。文化部割合はソロも既婚も変わりませんが、ソロ男は既婚男性より「帰宅部」比率が高くなっています。この傾向は、ソロ女と既婚女性の比較でも同様です。

つまり、男女とも、既婚者は元「運動部」が多く、いずれの部活にも所属しない「帰宅部」は、未婚のほうが多かったということになります。やはり、運動部所属経験者のほうが結婚しやすいのでしょうか? しかし、これだけで結論付けるのは乱暴でしょう。既婚と比べると低いとはいえ、ソロ男も運動部経験者が6割近く、ソロ女も4割以上います。

2015年に出した拙著『結婚しない男たち』にも書きましたが、実は、ソロ男と既婚男性とでは現在実施しているスポーツの種類が明確に違います。

次ページ既婚男性がよくやっているスポーツは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 財新
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界揺るがす地雷原<br>コロナ経済危機の5大論点

欧米で新型コロナウイルスの感染が拡大し、世界経済はマヒ状態に陥る寸前です。米国の信用不安、原油価格急落に欧州医療危機……。世界はどんな地雷を踏みかねないのか、5つの論点で識者に見立てを聞きました。