既婚男性は「運動部」が圧倒的に多いという現実

学生時代の「部活と結婚」に関係はあるのか?

学生時代のスポーツ経験と結婚に関係はあるのでしょうか?(写真:HIME&HINA/PIXTA)

「男子のモテ属性遷移」というものが、Twitterをはじめネットで話題となったことがあります。諸説ありますが、モテる属性とは、小学生は「足の速い子」、中学生は「チョイ不良な子」、高校は「部活のスター」、大学は「コミュ力のある子」、社会人になると「収入の高さ」などと遷移するというものです。

この連載の一覧はこちら

中学生で「チョイ不良な子」がモテるというのは、時代や地域によっても違うと思いますが、いずれにしても小学校から高校くらいまで、スポーツなどが得意で、皆の注目を集める男の子がモテる説に多くの人は異論がないのではないかと思います。

小学生のうちは、運動会のリレー選手でアンカーをつとめるような「足の速い子」、中学や高校に入って部活動が始まると、サッカー、野球、バスケットボールなどの人気球技種目が注目を集めるようです。

もちろん、それらの部に所属していれば自動的にモテるというほど単純ではありませんが、今回は、中学・高校時代の「スポーツ経験と結婚」との関係性について取り上げたいと思います。今回紹介する調査結果は、あくまでそういう相関が認められるというだけで、因果関係を示すものではないということを前もってご承知おきください。

スポーツ経験と結婚の関係

ところで、皆さんは、学生時代どんな部活をしていましたか? 運動部ですか? 文化部ですか? それとも帰宅部だったでしょうか?

国立青少年教育振興機構の「青少年の体験活動等に関する実態調査(平成26年度調査)」によれば、高校2年生男子の運動部加入率は65%、女子は37%です。女子は、運動部より文化部が多く、約4割が文化部の所属です。逆に、男子の文化部加入率は低く、わずか14%程度です。帰宅部は男女とも約2割程度といったところです。

次ページ過去と比べて運動部加入率は増えている?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT