台風19号の影で「見過ごされた」豪雨災害の数々

グラフィックで振り返る豪雨と台風の2019年

政府はこの台風を激甚災害、特定非常災害(2018年の西日本豪雨以来、6例目)、大規模災害復興法の非常災害(2016年の熊本地震以来、2例目)に指定。死者・行方不明者は100名を超え、住家被害も全壊・半壊が約2万8000棟、床上・床下浸水が約3万8000棟に上りました。阿武隈川や千曲川など、河川の氾濫や堤防の決壊も相次ぎました。

台風19号通過直後の阿武隈川(丸森)地区(出典:国土交通省「令和元年(2019年)台風19号に関する情報」10月13日撮影)

神奈川県の箱根では12日に922mmの雨が降り、歴代の最高記録を塗り替えました。この日は他にも静岡県の湯ヶ島で689mm、埼玉県の浦山で635mmの降水量が記録され、気象庁が発表する日降水量の歴代ランキングで3カ所がトップ20位に入っています。同様のケースは2011年7月の新潟・福島豪雨だけです。

日降水量の歴代ランキング(出所:気象庁「歴代全国ランキング」

10月下旬の千葉県豪雨では13名の死者

台風19号から約2週間後の10月25日から26日にかけて、台風21号や低気圧の影響で局地的に前線が発達し、千葉県を中心に強い雨が降りました。特に25日は千葉県の牛久で285mm、佐倉では248mm、福島県の浪江でも246mmと、平年であればこの時期の約1カ月分に相当する降水量を記録。15の河川が氾濫し、千葉県で11名、福島県で2名の死者が出ました。

千葉県豪雨直後の誉田町、土砂崩れの起きた住宅街(出典:国土交通省「令和元年(2019年)10月の低気圧に伴う大雨に関する情報」10月26日撮影、写真を一部拡大)

2019年に起こった豪雨や台風による災害はこれがすべてではありません。政府広報では災害に備えて防災気象情報の活用、ハザードマップの確認、非常持ち出し品の用意などを呼びかけています。台風や降水量が例年あまり多くない地域でも日頃から備えておくことが重要です。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT