「不倫夫の自殺」で1000万円請求された妻の告白

事故物件化した賃貸にのしかかった賠償義務

しかし戦いの日々を続けるうちに、ぺるみさんは精神的にかなり追い込まれてしまったという。

「すごく疲れてしまいました。

寝てるあいだに、夫が子供を連れに来るんじゃないか?と不安になるんですですね。夫が空からわが家に近づいてくる夢を見て

『ああ夫が、娘たちをあちらの世界に連れていくために来たんだ』

と思い、悩みました」

ぺるみさんが役所の相談窓口に行くと

「カウンセリングに行ってください」

と言われたという。

「病院で診断を受けると『うつ病ではないが、うつ状態です』って言われました。お薬はもらいましたけど、説明書を見ると『アルコールと一緒に摂取しないでください』と書いてありました。

当時はアルコールで気を紛らわせていたので、結局薬は飲みませんでした」

5分おきに『死にたい……死にたい』と電話した日々も

その頃は、落ち込むたびにお姉さんに電話もしていたという。

ぐみさんは当時の様子を語る。

「5分おきに『死にたい……死にたい』って電話してくることもありました。相談を受けてるうちに、こっちの精神が壊れてしまいそうになりました。ただ、妹の扱いは慣れているので、

『死ぬ前にどっか旅行行く?』

とかなんとか気をそらしました」

ぺるみさんの夫が亡くなって数年が経ち、今は姉妹と家族の皆さんは平穏に生活しているという。

単行本を上梓した後は、知人から

「実はウチも……」

と、近しい人の死についての悩みを打ち明けられることが何度もあったという。

ぺるみさんの夫がどのようなつもりで、自室で縊死したのかは今となってはわからない。

ただ、おそらく彼が想定していた以上に、妻や子供たちに影響があったのではないだろうか。

ぺるみさんの夫に限らず、自ら死を選ばなければならないという状況や心境は、想像を絶するほど心身共に追い詰められている。ただ、“自殺”は、本人が想像している以上に身内や他人を傷つけてしまう行為でもあるのだ。

【2019年12月12日14時50分追記】初出時のイラストの掲載を一部見直しました。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT