交通手段断たれても会社へ行く人の危うい思考

法人に対してなぜ「人格」を持って考えるのか

これまで世の中は4つの異なる役割が互いに調和しながら発展してきたと考えています。わかりやすいように国で表現していますが、これはどこの会社や組織にも当てはまる分類です。

魂なきバンカーは、そのうちの一角を占める「東の国」で顕著に現れます。詳しくは『分断を生むエジソン』をご覧いただきたいですが、4つの国の特徴については以下のとおりです。

東の国伝統的経済の中心地。アメリカでいえばニューヨーク
西の国技術革新が生まれる地。アメリカでいえばシリコンバレー
中部 :ルールを執行して全体最適を目指す。アメリカでいえばワシントンDC
南部 :上記の3種以外の、生活や家族など実生活に主義を置く人々。数がいちばん多い

あなたの周りにも、伝統的なやり方を大切にしている方もいれば、新たな挑戦に価値を置く方もいるでしょう。

東の国はどんな国か

東の国は、経済や組織を重要視する集まりです。アメリカならニューヨーク、日本なら丸の内に本社を構えているような、上場企業や伝統的な大企業が該当するでしょうか。全体としてはやや保守的です。

これまで日本の経済を作るという重要な役割を果たしてきました。ただ、何より成長を重視してきたがゆえに、行きすぎると目的なき成長=魂なきバンカーという病を患ってしまいます。

人はそもそも、自分の身近な5人を通じて世界を認識するといわれています。冒頭の満員電車の話も同じです。なぜ、人は集団になると、適切な行動が取れなくなるのか。それは、周りの5人だけを通じて世界を認識しているからです。自分を除いた、ほかの身近な4人が取る行動を見て、自分もどう振る舞うのか? を決めているのです。

『分断を生むエジソン』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

しかし、冷静に俯瞰してみると、どう考えてもおかしいことが世の中にはたくさんあります。それを理解するには、今、自分たちは、どんな場所にいて、どんな役割を期待されているのか? をメタ認知(自身の認知のあり方を、俯瞰して客観視して捉えること)することからスタートするしかありません。魂なきバンカーの病、それはミーム(人間が文化として繋いでいくべき習慣や情報)の消失にこそあります。

私たちは気を抜くと、役割が同じ人を「自分たち」、役割が異なる人たちを「ほかの人たち」と区別することが往々にしてあります。

狭い世界認識は多くの人々を不幸にすることがある。だからこそ、広く正しい視点で世界を再認識する必要があるのです。これからの時代は分断を生み出すのではなく、4つの国のそれぞれの価値観を調和し、分断をつなぐことのできるリーダーが求められています。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT