ハイブリッドカーは本当にエコなのか? 両角岳彦著

ハイブリッドカーは本当にエコなのか? 両角岳彦著

自動車・技術評論家である著者は、ハイブリッド動力システムで走る自動車=エコという考え方は短絡的すぎると冒頭から切り捨てる。さらには、エコカーさえ普及すれば、日本の環境対策が急に進むかのように論じる行政やメディアにも疑問を呈する。

現実的にハイブリッド動力を持つ車は環境負荷が小さいかというと、「ある限られた状況」で、「燃料消費が減るポテンシャルを持つ」という点においてのみイエスだという。さらには、燃料消費以外の素材利用、製造、解体・リサイクルまでを含めれば、既存の内燃機関を持つ車よりも環境負荷は高いとも。

車の製造と使うプロセス全体を見通しながら、自動車と環境の未来を考察する。

宝島社新書 700円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 就職四季報プラスワン
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。