ハイブリッドカーは本当にエコなのか? 両角岳彦著

ハイブリッドカーは本当にエコなのか? 両角岳彦著

自動車・技術評論家である著者は、ハイブリッド動力システムで走る自動車=エコという考え方は短絡的すぎると冒頭から切り捨てる。さらには、エコカーさえ普及すれば、日本の環境対策が急に進むかのように論じる行政やメディアにも疑問を呈する。

現実的にハイブリッド動力を持つ車は環境負荷が小さいかというと、「ある限られた状況」で、「燃料消費が減るポテンシャルを持つ」という点においてのみイエスだという。さらには、燃料消費以外の素材利用、製造、解体・リサイクルまでを含めれば、既存の内燃機関を持つ車よりも環境負荷は高いとも。

車の製造と使うプロセス全体を見通しながら、自動車と環境の未来を考察する。

宝島社新書 700円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
  • 不妊治療のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大物経営者でも容赦なし<br>株主総会で支持率低下続出

LIXILグループなど、株主総会における株主提案が存在感を増している。取締役選任決議を独自に調査し、否決5人を含む賛成率の低い30人と、対前年で賛成率悪化幅の大きい200人のリストを掲載。社外取締役に対する株主の視線は厳しい。