「アナ雪2」さえ油断できない中国の強烈な検閲

「クマのプー」やタランティーノも泣きを見た

同作の場合、幽霊というコンセプト自体が問題だったのではと推測されている。逆に、同性愛要素のせいで無理だろうと思われていた『ボヘミアン・ラプソディ』は、アメリカ公開から4カ月半遅れて、公開許可が出るというサプライズがあった。

ただし、男性同士のキスシーンや、「ゲイ」という言葉が出てくるシーン、クイーンのメンバーたちが女装姿で「I Want To Break Free」のミュージックビデオを撮影するシーンなどをカットするという条件付きだ。

そんなふうに多くの制約がある市場に挑むにあたり、スタジオにとって頼りになるのが、中国のパートナー企業だ。売り出し方を熟知しているし、彼らが出資することで作品が「米中合作」となれば、34本の外国映画公開枠という制限からも解放される。

タランティーノが直面した大問題

しかし、それでも公開禁止の不安は払拭できない。その事実は今年、タランティーノの最新作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』が見せたばかりだ。

この映画の世界配給権はソニー・ピクチャーズが持つが、中国だけに関しては、同じく出資会社の1つである中国の大手映画製作・配給会社のボナ・フィルム・グループが持っていた。

しかし、公開の1週間ほど前になって、中国政府は同作の公開にストップをかけた。いつものことながら理由の説明はないが、おそらく「ブルース・リーの描写」が問題ではないかという説が有力だ。

作品を観た人ならご存じのとおり、同作には、リーがブラッド・ピット演じるスタントマンと素手で決闘するシーンがある。そこで勝つのがピットであるばかりか、リーの態度が傲慢でいやみったらしく見えることから、娘のシャノン・リーが、アメリカ公開当時から「ひどい侮辱」と猛烈に批判をしてきた。

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』予告。ブルース・リーの格闘シーン(YouTube:https://www.youtube.com/watch?v=epxG19fE8EA

タランティーノは反論のコメントを出したが、彼女は中国政府に対し、直々にシーンのカットを嘆願したとのこと。それが原因かどうかはわからないまま、中国政府から公開禁止の通告を受けたボナ・フィルムは、慌ててタランティーノに問題箇所のカットを要請したようだ。それでも、まだ同作の公開のメドは立っていない。

次ページハリウッドが悩む「中国の海賊版事情」
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ブックス・レビュー
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
イオン23年ぶりトップ交代<br>新社長に2つの重い課題

GMS(総合スーパー)最大手のイオンが23年ぶりの社長交代を決めました。ただ、目下のグループ経営は、低採算にあえぐGMS事業、緒に就いたばかりのネットスーパー事業と課題が山積。荒波が押し寄せる船出で、針路が注目されます。