「アナ雪2」さえ油断できない中国の強烈な検閲

「クマのプー」やタランティーノも泣きを見た

同作の場合、幽霊というコンセプト自体が問題だったのではと推測されている。逆に、同性愛要素のせいで無理だろうと思われていた『ボヘミアン・ラプソディ』は、アメリカ公開から4カ月半遅れて、公開許可が出るというサプライズがあった。

ただし、男性同士のキスシーンや、「ゲイ」という言葉が出てくるシーン、クイーンのメンバーたちが女装姿で「I Want To Break Free」のミュージックビデオを撮影するシーンなどをカットするという条件付きだ。

そんなふうに多くの制約がある市場に挑むにあたり、スタジオにとって頼りになるのが、中国のパートナー企業だ。売り出し方を熟知しているし、彼らが出資することで作品が「米中合作」となれば、34本の外国映画公開枠という制限からも解放される。

タランティーノが直面した大問題

しかし、それでも公開禁止の不安は払拭できない。その事実は今年、タランティーノの最新作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』が見せたばかりだ。

この映画の世界配給権はソニー・ピクチャーズが持つが、中国だけに関しては、同じく出資会社の1つである中国の大手映画製作・配給会社のボナ・フィルム・グループが持っていた。

しかし、公開の1週間ほど前になって、中国政府は同作の公開にストップをかけた。いつものことながら理由の説明はないが、おそらく「ブルース・リーの描写」が問題ではないかという説が有力だ。

作品を観た人ならご存じのとおり、同作には、リーがブラッド・ピット演じるスタントマンと素手で決闘するシーンがある。そこで勝つのがピットであるばかりか、リーの態度が傲慢でいやみったらしく見えることから、娘のシャノン・リーが、アメリカ公開当時から「ひどい侮辱」と猛烈に批判をしてきた。

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』予告。ブルース・リーの格闘シーン(YouTube:https://www.youtube.com/watch?v=epxG19fE8EA

タランティーノは反論のコメントを出したが、彼女は中国政府に対し、直々にシーンのカットを嘆願したとのこと。それが原因かどうかはわからないまま、中国政府から公開禁止の通告を受けたボナ・フィルムは、慌ててタランティーノに問題箇所のカットを要請したようだ。それでも、まだ同作の公開のメドは立っていない。

次ページハリウッドが悩む「中国の海賊版事情」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT