英国人の階級意識に火をつけた衝撃レポート

16万人参加、700万人アクセスの新階級調査

何十年にもわたって、貧しく恵まれない人々という烙印を押すのに用いられてきた「アンダークラス」というラベルの代わりに、私たちは「プレカリアート」という言葉を意図的に選んだ。

プレカリアートの世帯所得は際立って低く(1ポンド135円換算で108万円)、貯蓄はあってもごくわずかで、借家住まいが多い。社会的ネットワークの数も最も少なく、自分よりステータスの高い職業の人とはほとんど交流がない。文化資本もごく限られている。

しかし、だからといって、プレカリアートが道徳的に堕落しているという根拠はまったくない。他の階級に比べると社会的ネットワークは限られてはいるが、それなりに幅広いネットワークを持っているかもしれないし、文化的な何らかのことにかかわっているかもしれないのだ。

中間にある5つの階層とは

エリートとプレカリアートでは特徴が顕著なのに対し、その間に挟まれる5つの階級の違いは複雑だ。

「新富裕労働者」と「技術系中流階級」は社会関係資本や文化資本に比して経済資本が豊富である。「新富裕労働者」はそれなりに豊かに暮らしているが、文化的活動はそれほど活発ではない。

また、「新興サービス労働者」は文化資本と社会関係資本は豊かだが、経済資本に乏しい。

人口の約40%を占めるこの3つの階級では、経済資本、文化資本、社会関係資本の3つの資本を同量ずつ所有しているのではなく、偏りがある。このことから、階級の境界線を完全に明確に引くのが難しい理由がわかるだろう。

中間層のうち、「確立した中流階級」と「伝統的労働者階級」はどちらも経済資本、文化資本、社会関係資本を偏りなく所有するが、確立した中流階級のそれはエリートよりかなり少なく、伝統的労働者階級はプレカリアートより多い。

以上のパターンから、明白なまとまりである「専門職・経営管理部門」とか、あらゆる種類の定型労働に就く人を含む「労働者階級」などとして分類するのが難しい人たちの存在が浮かび上がる。つまり、社会構造の中間の部分の区別は複雑かつ曖昧で、一貫した「中流階級」や「労働者階級」というものを定義するのは不可能だということだ。

次ページ「納得できる」という評価を得た階級モデル
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 溺愛されるのにはワケがある
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。