ベルギーで「日本食人気」がじわり期待できる訳

サッカーのシント=トロイデンVVが一役買う

ジャパンデーというイベントを開いたシント=トロイデンVV(写真:©︎STVV)

日本産の食材をベルギーで認知・拡大する――。

「ジャパンデー」と名付けられたイベントを、サッカー・ベルギー1部リーグ所属のシント=トロイデンVVが、日本の農林水産省とJETRO(日本貿易振興機構)の協力のもと2019年10月末に開催した。

シント=トロイデンVVとは2017年11月にゲームや動画配信などを手がけるDMM.com(DMM)が経営権を取得したチームだ。サッカー日本代表のGKであるシュミット・ダニエル選手や、MFの伊藤達哉選手、FWの鈴木優磨選手らが所属している。イタリア1部ボローニャに所属する日本代表・冨安健洋選手が今夏まで所属していたチームでもある。日本人選手を獲得し、チームを強化すると同時に、サッカー以外の分野でも事業を展開しているのだ。

ベルギーは国土が九州ほどの広さで、人口は約1100万人と日本の12分の1ほど、経済規模は約57兆円と日本の10分の1といった規模だ。それでも、首都ブリュッセルにはEUやNATOの本部が置かれており、各国から多数の企業が進出している。2018年の日本からベルギーへの輸出額が7526億円に対して、ベルギーから日本への輸出額は3387億円だった。両国の輸出入額は年々増えている。

EPAの発効も追い風に

「2013年に日本の和食がユネスコの無形文化遺産に登録されてから、日本食が世界的に注目を集め、ブームとなっています」

こう語るのは、蒔苗義昌氏(農林水産省 食料産業局食文化・市場開拓課課長補佐)だ。2006年の日本食レストランの店舗数は世界で2.4万軒だったが、現在では約12万軒に増加した。日本では人口減少もあり、食の市場規模は縮小傾向だ。しかし世界全体で考えると日本食は拡大する見込みがある。

農林水産省では日本の食品・食材の輸出とインバウンドを活性化させることで、世界中で日本食のファンを増やし、2020年の輸出額を1兆円(2014年が6117億円)にすることを目標に掲げた。今回のジャパンデーに協力したのはその一環といえる。

これまで日本の食材輸出は高い関税がかかる欧州ではなく、低い関税で済むアジア地域が大半を占めていた。しかし、2019年2月の日EU経済連携協定(EPA)の発効に伴い、ほぼすべての品目の関税撤廃が決定したことで、大きなチャンスが到来したのだ。

次ページなぜサッカーチームが日本食の事業も展開?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT