子どもを叱り続ける"負の日常"から抜ける方法

意味がない「ルーチン」はこうやってやめる

筆者はこれまで、「子どもを叱り続ける人が知らない6つの原則」として、以下のことをお伝えしてきました。

【第1原則】―自分とまったく同じ価値観の人はいない
【第2原則】―強制されたことは、やらないか、やったとしても面従腹背となる
【第3原則】―人間には最低3つの長所がある
【第4原則】―親の成長は止まっているが、子どもは成長している
【第5原則】―「怒る、叱る、諭す」の3つを使い分ける
【第6原則】―子どもの精神年齢と実年齢は異なる

(6つの原則の詳細はこちら

通常は、これまで公開した6つの原則のいずれかに該当しており、該当する対策を取ることで、叱り続けるループから抜け出る可能性が高いのですが、平山さんには今回、第7の原則についてお話をします。それは次のことです。

なぜ自分の子どもにきつく叱ってしまうのか

【第7原則】「自分の子どもだと特別な感情が出てくる」

特別な感情が出てくると言われて、当たり前のことだと思われるかもしれません。しかし、その当たり前の中に、実は効果的な対策の秘密が隠されているのです。

例えば、親が子どもに勉強を教えると、たいていはトラブルで終わります。

「なんでわかんないの!」「さっき言ったでしょ!!」と親が言い、「もうやりたくない!」「うるさい!」と子どもが返して終わることもあります。どうして、親子だとこのような状況になってしまうのでしょうか。他人とは異なる、何か特別な感情が親子それぞれであったり、甘えであったりするかもしれません。

また、親は子どもが自分の分身であると勘違いしてしまい、自分の予想と異なる言動があるとイライラするのかもしれません。どのような理由にせよ、親は自分の子どもだと特別な感情が出てくるわけです。

もう1つ事例をあげましょう。

例えば、家で食事をしているときに、親が「ほら、お水こぼすから、もっとコップを前のほうに持ってきなさい」と言っているにもかかわらず、子どもが腕をひっかけてコップをひっくり返したとします。そのとき、子どもになんと言いますか?

「ほら! 言ったでしょ!!」「だから、注意したのに!!」「自分で拭きなさい!!」など、強烈な言葉を子どもに浴びせることでしょう。

次ページもし、子どもの友達が同じことをしたら?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT