子どもを叱り続ける"負の日常"から抜ける方法

意味がない「ルーチン」はこうやってやめる

筆者はこれまで、「子どもを叱り続ける人が知らない6つの原則」として、以下のことをお伝えしてきました。

【第1原則】―自分とまったく同じ価値観の人はいない
【第2原則】―強制されたことは、やらないか、やったとしても面従腹背となる
【第3原則】―人間には最低3つの長所がある
【第4原則】―親の成長は止まっているが、子どもは成長している
【第5原則】―「怒る、叱る、諭す」の3つを使い分ける
【第6原則】―子どもの精神年齢と実年齢は異なる

(6つの原則の詳細はこちら

通常は、これまで公開した6つの原則のいずれかに該当しており、該当する対策を取ることで、叱り続けるループから抜け出る可能性が高いのですが、平山さんには今回、第7の原則についてお話をします。それは次のことです。

なぜ自分の子どもにきつく叱ってしまうのか

【第7原則】「自分の子どもだと特別な感情が出てくる」

特別な感情が出てくると言われて、当たり前のことだと思われるかもしれません。しかし、その当たり前の中に、実は効果的な対策の秘密が隠されているのです。

例えば、親が子どもに勉強を教えると、たいていはトラブルで終わります。

「なんでわかんないの!」「さっき言ったでしょ!!」と親が言い、「もうやりたくない!」「うるさい!」と子どもが返して終わることもあります。どうして、親子だとこのような状況になってしまうのでしょうか。他人とは異なる、何か特別な感情が親子それぞれであったり、甘えであったりするかもしれません。

また、親は子どもが自分の分身であると勘違いしてしまい、自分の予想と異なる言動があるとイライラするのかもしれません。どのような理由にせよ、親は自分の子どもだと特別な感情が出てくるわけです。

もう1つ事例をあげましょう。

例えば、家で食事をしているときに、親が「ほら、お水こぼすから、もっとコップを前のほうに持ってきなさい」と言っているにもかかわらず、子どもが腕をひっかけてコップをひっくり返したとします。そのとき、子どもになんと言いますか?

「ほら! 言ったでしょ!!」「だから、注意したのに!!」「自分で拭きなさい!!」など、強烈な言葉を子どもに浴びせることでしょう。

次ページもし、子どもの友達が同じことをしたら?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT