マンション市場は値下げ継続で底打ちでも、本格回復は11年以降か《特集・不動産/建設》


 中堅、中小デベロッパーの間では最近、マンションやビルを地主との等価交換方式で建設するケースが増えているといわれる。また、買い取り再販事業でも1棟買いの資金を一括支払いせず、売れた戸数分だけ返済するなど“省資金”型の事業形態も増えてきた。

背景には用地取得など中堅・中小デベロッパーに対する金融機関の融資姿勢の厳しさがある。その結果、昨年以降、倒産など市場から撤退するデベロッパーも相次いでいる。今年は5月のジョイント・コーポレーションの倒産以降は沈静化しているが、マンションコンサルティング会社、トータルブレインの久光龍彦社長は「金融機関は前期決算で危ない会社を引き当て済みなので、年内が選別のピークになる」と見ている。


昨年初めからのデベロッパーの相次ぐ経営難から、マンション供給は大幅に減少している。不動産経済研究所調べのマンションの供給戸数を見ると、08年の供給戸数は4・3万戸。これは4年前の05年からするとほぼ半減だ。今年も前半段階で1・6万戸。年間通じても4万戸割れは必至で、3・5万戸程度で終わる可能性が濃厚だ。4万戸割れとなれば、バブル崩壊直後の1992年以来、17年ぶりになる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT