朝礼専門誌が伝授「スピーチネタ考案」4の秘技 朝礼一筋36年「月刊朝礼」編集部直伝のネタ元

拡大
縮小
人前で話す際のネタ探しに困ったことはありませんか?(写真:xiangtao/PIXTA)
36年続く朝礼専門誌があるのをご存じでしょうか? 365日毎日異なる朝礼ネタが掲載されており、購読者は北海道から沖縄まで全国に及びます。「教育にも役立つ」と学校や家庭でも取り入れられているそうです。
その『月刊朝礼』編集部が、36年間積み上げてきた朝礼ネタから渾身のテーマを厳選したのが『月刊朝礼が本気で考えた朝礼ネタ』です。今回はここから、時間をかけずに面白いと思われるネタを探す方法をご紹介します。面倒くさいと思われがちな朝礼ですが、コミュニケーション力・スピーチ力・教養を磨く絶好の機会。ぜひチームや職場をまとめるために、朝礼を取り入れてみてはいかがでしょうか?

どこからネタを探せば飽きられない話ができるのか

朝礼に限らず人前で話さなければならないとき、ネタ探しに頭を悩ませる人は多いと思います。新聞や雑誌、書籍、セミナー、スポーツなどからネタを探す人が多いのではないでしょうか。私たちも、日々の出来事にアンテナを張り、上記のさまざまな情報源からネタを探しています。

しかし「そう言われても、実際どうやってネタを探せばいいかわからない」「スピーチの準備にそんなに時間は割けない」という方も多いことでしょう。そこでここでは特別に、時間をかけずに面白いネタを見つけるヒントを4つご紹介します。

すべてに共通するのは、聞いても興味が偏らないネタだということです。難しく聞こえるかもしれませんが、毎日自然に使っていたり目にしていたり耳にしていたりすることをネタにすればいいのです。次からご紹介する具体例を見れば「あ、こんなことでいいんだ」と思っていただけることでしょう。

次ページ具体的には…?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT