リーダーは半歩前を歩け 金大中というヒント 姜尚中著

リーダーは半歩前を歩け 金大中というヒント 姜尚中著

この夏の衆議院選挙で民主党が圧勝、日本にも新しいリーダーが誕生した。新政権がどこまでこの国を良くしてくれるのかは未知数だが、本書の言葉どおり「リーダーとは、民度のバロメーター」ならば、この政権交代が仮に失敗だった場合、それは国民にも責任があるということになるのだろう。著者が、リーダーシップとは「リーダーとフォロワーの力学的な関数」だと分析するゆえんでもある。

情報化が進み、個が多様化した社会は、リーダーシップを発揮しづらいとも語る。そんな現代で、著者がリーダーの手本として掲げるのが韓国の元大統領・金大中氏。今夏亡くなった同氏との最後の対談から導き出された、真のリーダー論を説く。

集英社新書 735円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。