リーダーは半歩前を歩け 金大中というヒント 姜尚中著

リーダーは半歩前を歩け 金大中というヒント 姜尚中著

この夏の衆議院選挙で民主党が圧勝、日本にも新しいリーダーが誕生した。新政権がどこまでこの国を良くしてくれるのかは未知数だが、本書の言葉どおり「リーダーとは、民度のバロメーター」ならば、この政権交代が仮に失敗だった場合、それは国民にも責任があるということになるのだろう。著者が、リーダーシップとは「リーダーとフォロワーの力学的な関数」だと分析するゆえんでもある。

情報化が進み、個が多様化した社会は、リーダーシップを発揮しづらいとも語る。そんな現代で、著者がリーダーの手本として掲げるのが韓国の元大統領・金大中氏。今夏亡くなった同氏との最後の対談から導き出された、真のリーダー論を説く。

集英社新書 735円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 買わない生活
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT