眠れない人に教えたい「寝る1分間」にやること

「自律神経」を整える4つの動き

なかなか寝つけない……そんなときは寝る前のストレッチが効果的です(写真:マハロ/PIXTA)

「なかなか眠りにつけない」「しっかり寝ているのに疲れがとれない」……。人間にとって睡眠は必要不可欠なものですが、睡眠に悩みを抱えている人は少なくありません。その原因はさまざまで、睡眠の悩みを解消するためのアプローチはいろいろありますが、本稿ではツイッターフォロワー数15万5000人、解剖学を熟知したストレッチトレーナーなぁさんが、寝る前1分でできるストレッチをご紹介します。

ストレッチが快眠をもたらす

日々のストレスや疲労によって自律神経が乱れ、なかなか寝つけないということはないでしょうか。ストレッチは実は「自律神経のバランスを整える」という効果が科学的にも証明されています。

ストレッチをすることで、身体をリラックスさせてくれる「副交感神経」の活動が優位になり、心身を落ち着かせてくれる働きがあるのです。ですから「寝る前にストレッチ」は心地よい睡眠に導いてくれる合理的な活動なんですね。自律神経を整えるためのストレッチのコツは、痛くならないようにゆっくりと、ある程度の時間をかけてあげることが重要です。

今回は、姿勢を維持するのに大切な「抗重力筋(こうじゅうりょくきん)」を1分程度伸ばして、1日の疲労を改善していくストレッチをご紹介します。すべて布団の上でも行えます。

抗重力筋はもも前、背中、お尻、ふくらはぎの4つの筋肉の総称で、座るときも立つときも働く筋肉です。それでは実践してみましょう。1〜4まで流れで行ってみてください。

1.お尻のストレッチ

仰向けになって、伸ばしたいほうの脚を、反対側の脚のひざあたりに置きます。両手でもも裏を抱えて、身体側に引っ張りましょう。じわーっと伸ばすほうが効果的です。
10〜20秒行いましょう。

次ページストレッチはどのタイミングでやればいい?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT