年末までに外食株を買うといいかもしれない

このまま上昇相場についていって大丈夫?

【10月24日 木曜日】日経225先物は、140円高の2万2790円、NYダウは、45ドル高の2万6833ドル。イオン系食品スーパーの東証2部上場マックスバリュ西日本(8287)の立会外分売に600株申し込み、400株当選。あまり人気がなかったようだ。

昨日の終値1701円から2.47%ディスカウントした1659円が分売価格。手数料はかからない。2月期末配当は38円予定で、株主優待が年1回2月に100株保有で100円券50枚か地域特産品がもらえる。100円券は1000円以上の買い物につき1000円ごとに1枚使用可となり、実質10%の割引券扱い。10月から消費税が10%となったが、5万円まで10%引きで買えて消費税分を株主優待で安く買うことができる。まさに生活防衛優待だ。

イオン九州(2653)なども同様の株主優待を実施しており、イオングループの優待券は、イオングループが全国で運営する店舗で使えるところがいい。また、イオン(8267)の株主優待カードより割引率が高い(100株で3%、500株で4%、1000株で5%、3000株で7%)。

マックスバリュ西日本の配当プラス優待利回りを計算してみると、38円×100株+100円券×50枚=8800円、これを購入価格1659円×100株で割ると5.3%とまずまずの利回り。これが購入することにした理由。

本日の値動きは、30円安の1671円で寄り付き、34円安の1667円の安値をつけ、16円安の1685円の高値をつけ、終値は21円安の1680円で引けた。分売価格の1659円を一度も下回ることなく推移してよかった。日経平均は、125円高の2万2750円と4日続伸。

うわっ!長野まで株主総会に行った「鈴木」が大幅高

【10月25日 金曜日】日経225先物は、20円高の2万2800円、NYダウは、28ドル安の2万6805ドル。ソフトバンクグループ(9984)は、9時14分には、92円安の3958円をつけ、年初来安値更新した。終値は、50円安の4017円と4日続落と日経平均株価とは対照的な値動き。日経平均は、49円高の2万2799円と5日続伸で、年初来高値更新。

【10月26日 土曜日】日経225先物は、50円高の2万2820円、NYダウは、152ドル高の2万6958ドル。1ドルは、108.66円、1ユーロは、120.39円、1ポンドは、139.35円と円安進む。

【10月28日 月曜日】英EU離脱の期限、1月末まで延期で合意と報道。自動車電装部品・電子部品のコネクターが主力の鈴木(6785)が、64円高(9.62%)の729円と大幅高。9月27日には長野まで株主総会に行ったし、600円割れたら買い増ししようと考えていたが、上がってしまったな。日経平均は、67円高の2万2867円と6日続伸。

次ページ日銀は金融政策決定会合で追加緩和を見送り
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。