年末までに外食株を買うといいかもしれない

このまま上昇相場についていって大丈夫?

【10月29日 火曜日】日経225先物は、110円高の2万2960円、NYダウは、132ドル高の2万7090ドル。S&P500(大型株500銘柄で構成)は、16.87高の3039.42と3カ月ぶりの高値更新。

ジャックスは、9時54分、55円高の2510円をつけ年初来高値更新。オリエントコーポレーション(8585)も、8円高の155円をつけ、年初来高値更新。鈴木は、58円高(7.95%)の787円と年初来高値更新。日経平均は、106円高の2万2974円と7日続伸で、9時07分、2万3008円と2万3000円台回復。

サンワテクノスがなんと7日続伸!

【10月30日 水曜日】日経225先物は、50円安の2万2920円、NYダウは、19ドル安の2万7071ドル。

13時、独立系技術商社のサンワテクノス(8137)が、第2四半期決算短信と自己株式取得を発表し、56円高の982円と反発。昨年の4月10日に大和証券で公募価格1540円で500株買い、12月19日に1060円で500株とナンピン買いし、平均1300円で1000株保有と反発してきたがまだまだ含み損状態。

日経平均は、131円安の2万2843円と8日ぶり反落したが、TOPIXは、3.22ポイント高の1665.9と上昇。

【10月31日 木曜日】日経225先物は、100円高の2万2940円、NYダウは、115ドル高の2万7186ドル。

FRB(アメリカ連邦準備制度理事会)が3連続となる0.25%利下げを発表。しかし、先行きの緩和休止を示唆。12時45分、日銀は、金融政策決定会合で追加緩和を見送りと発表。

オリエントコーポレーションが、昨日発表の決算と優先株式の取得と償却を発表し、買い気配スタート。9時06分、11円高の160円で寄り付き、9時11分、16円高の165円の年初来高値をつけ、10円高の159円で引けた。

サンワテクノスも80円高(8.14%)の1062円と6日続伸。日経平均は、83円高の2万2927円。

【11月1日 金曜日】日経225先物は、230円安の2万2720円、NYダウは、140ドル安の2万7046ドル。サンワテクノスは、91円高(8.56%)の1153円と7日続伸。優待目的保有のカッパ・クリエイト(7421)は、好業績を好感し37円高の1438円。日経平均は、76円安の2万2850円。

次ページ上昇トレンドについていくのがよさそうだ
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。