年末までに外食株を買うといいかもしれない

このまま上昇相場についていって大丈夫?

【11月2日 土曜日】日経225先物は、90円高の2万2940円、NYダウは、301ドル高の2万7347ドル。10月は12.8万人増とアメリカ雇用統計を好感した。1ドル=108.16円、1ユーロ=120.15円、1ポンド=139.95円。

NYダウは史上最高値圏、日経平均株価は、年初来高値を更新してきた。ここからの投資戦略としては、この上昇トレンドについていくのがいいのではないか。私は中長期投資家なので、今のところ来年3月の配当、優待の権利を取るつもりなので、基本的には保有株は売らない予定だ。

短期的には過去の経験則でみると、11月7日木曜日が勝率20.8%(5勝19敗)と日別勝率ワースト1位、11月13日水曜日が勝率26.1%(6勝17敗)と日別勝率ワースト4位となっているので注意が必要だ。

今後は外食株が物色される傾向に?

また、この時期、毎年観察していると年末にかけて外食株が物色される傾向にあると思う。忘年会や新年会など外食する機会が増えるからなのかどうかはわからないが、欲しい優待銘柄があったらよく観察してみていただきたい。

10月31日はハロウィンで、渋谷など各地で仮装して歩くイベントが増えているが、投資の世界では「ハロウィン投資法」という(ハロウィンに買って翌年4月末に売ると過去の経験則ではパフォーマンスが高い)ものがある。

しかし、今年の日経平均株価は、2万2927円(10月31日)と年初来高値圏で、ここで買ってはたして大丈夫なのであろうか?という心配はある。だが、素直に経験則通りに実行してみると意外といいパフォーマンスが得られるかもしれない。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。