「整理・整頓」にこだわる感覚が"要注意"なワケ

ベストセラー作家の散らかり放題な仕事場

だから、息子にはその失敗をさせないように、と大人のアドバイスをしたつもりだった。けれど、どうだろうか? そんな几帳面な作り方をして、面白いだろうか?と思い至ったのだ。

やり方を押しつけない

自分は無心に作っていた。周りのことが見えなくて、失敗を何度もした。でも、作っている最中は本当に楽しかった。だから、この歳になった今も工作をし続けているのだ。いちばん大事なことは、片づけて、部品をなくさないことではない。

このとき、自分が息子にした指導に僕は後悔した。反省もした。若者に、こういったアドバイスをすることは、彼らの楽しみを半減させる可能性がある。

『アンチ整理術』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

もちろん、ケガをしないようにとか、換気をするようにとか、そういった危険を避ける方法は指導しなければならないが、少々散らかることくらい、どうだっていいのではないか。もっと自由にさせてこそ、楽しみが味わえるはずだ、と思ったのだ。

こんなこともあって、それ以来、同じようなことは言わないようにした。また、子どもたちの部屋がいくら散らかっていても、文句を言わないことにした。これは、大学の研究室でも同じだ。学生、院生、あるいは後輩などにも口出しをしない。自分の部屋は、自分が片づけたいときに片づける。それで十分だろう。

確認のために書いておくが、整理・整頓をする行為を否定しているのではない。その反対である。その行為には意義が認められる。これは掃除も同じだ。きれいな環境を目指して作業をする行為自体が、癒やしになる。落ち着ける。

だが、その結果になにかを期待しないことが大事だと思う。整理され、きれいになった環境から、すばらしいものが生まれる保証はない。そういうことで、仕事が画期的にうまくいくことは、まずないということである。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
  • ドラの視点
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。