「ジョーカー」アカデミー賞をはばむ2つの壁

最大のライバルはデ・ニーロ&ヒトラー映画

ただしフェニックスは業界の大ベテランで、アカデミー賞候補入りも、これまでに3度も果たしており、それが後押し材料になる可能性も強い。もう受賞してもいい立場なのに、運悪く取れないままでいる実力派に対しては、周囲が「そろそろあげないと」という気持ちになるもの。

マーティン・スコセッシが初めて受賞を果たしたのが『ディパーテッド』、アル・パチーノの場合は『セント・オブ・ウーマン』だったのがいい例だ。

それらに比べれば、フェニックスが『ジョーカー』で受賞するのは、断然納得できる。また、現段階で予測されるライバルで、実在のキャラクターを演じたのは、『アイリッシュマン』のロバート・デ・ニーロくらいだ。フェニックスの受賞までの距離は、作品賞受賞よりも近いと見てよさそうである。

ジョーカーと肩を並べる映画たち

スコセッシ監督の『アイリッシュマン』は、作品部門でも『ジョーカー』の強力なライバルになると予想される。だが、『アイリッシュマン』には、Netflix配信作という大きなネガティブ要素がある。

一方で、もう1本の有力作『ジョジョ・ラビット』は、第2次世界大戦を舞台にしたユーモアと優しさのある作品で、アカデミー会員好み。作品賞と一致することの多いトロント映画祭観客賞を受賞していることも、一歩先へ推し進める。

しかし『ジョーカー』も、ヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞を受賞した。ヴェネツィアの結果とアカデミーはあまり一致しないが、アカデミー自体が大きく変わってきている中、過去の統計がそれほど当てにならなくなってきているのも事実である。

高齢の白人男性が圧倒的割合を占めることを批判され、この3年、アカデミーは積極的に、マイノリティー、若い人、女性、外国人を新規会員に招待してきた。会員数自体も、過去の6000人前後から1万人前後へと膨らんでいる。それが受賞結果に違いをもたらすことはもちろんありえるし、そもそも、そうしたいがために母体を変えているのだ。アカデミーは、かけ離れすぎてしまった感覚を一般人に近づけたいのである。

そうなってこそ、人はアカデミー賞をもっと信用する。『ジョーカー』は、それを初めてやってみせるチャンスだ。全世界の観客に愛された、この異質な傑作は、どこまで健闘を許されるのか。それは作品そのものだけでなく、アカデミー側も試されているのだ。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。