お金持ちになりたい投資初心者がとるべき戦略

投資で成功し続ける人の共通点とは何なのか

実は、筆者は以前から株式投資で成功を続けているいろいろな投資家の方にインタビューし、お客様にインタビュー内容を記事としてご紹介してきました。成功を「続けている」というのが大切で、投資をしているとたまたま運よく大きく儲けられることがありますが、長期的に成功を続けることは運だけではとても実現できないからです。

私自身成功した投資家の方から大変多くの学びをいただき、記事をお読みいただいたお客様からも大きな反響をいただきました。最後に成功を続けている投資家に共通すると感じた、重要なポイントをご紹介します。

最後は「自分の頭」で考える

端的に言うと、「自らの確固たる投資哲学を持っている」ということです。成功した投資家の投資哲学も人それぞれバラバラで、例えばいわゆる「チャート派」の方もいれば「ファンダメンタルズ派」の方もいます。考え方も重要ですがより大切なのは、自分自身が確固たる信念を持ちブレることなく投資を継続しているかという点です。

そうした方々は、専門家の論説を決して鵜呑みにせず、参考材料にとどめて自らの頭で考えています。もちろんそうした方々も自身の予想を外すことは大いにあります。ただし、予想が外れたとしても自分の頭で考えているのでなぜ間違ったのかを反省し、次の投資行動に生かすことができるのです。この点が、長期的に投資成果に大きな違いを生みます。

「言うは易く、行うは難し」で、簡単にできるものではありませんが、そうした姿を目指すことがいい成果を得る投資家になる前提条件になるのだと確信しています。次回以降、いい投資成果を得るための、より具体的な「考えるヒント」をご紹介したいと思います。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。