堀江貴文「会議中こそスマホをいじるべき理由」

ホリエ流・マルチタスク仕事術の極意

「大事なことについてはシンプルを心がける。『あれも、これも』と欲張らない」

「優先度が大して高くないことは、無理のない範囲で、同時に片づける」

この2つが僕の時間の使い方の鉄則だ。

「1つずつ、どっぷり集中」が大切

「仕事も、家族も、お金も、安定も、趣味も……」という欲張りはバカげている。人生において何を優先するかについては「1つずつ、どっぷり集中」を心がけたほうがいい。逆にどうでもいいことについては、できるだけマルチタスキングでさっさと片づけるべきだ。一個一個を丁寧にやる意味がない。

しかしどうやら世の中は、これと真逆の価値観を持っている人が多いようだ。生放送中にスマホをいじっていた僕を見て、「マナーがなっていない」などと説教を送ってくるアホがいる。「同時にやる=けしからん!」というわけだ。

会社をやっていた頃には、会議中に社員が携帯をいじっていても、僕は注意したりしなかった(もちろん、会議をおろそかにして、話を聞き漏らすようなことは論外である)。

何より、社長である僕自身が、率先して会議中にもケータイで株価をチェックしたり、別案件のメールに返信したりをしていたから当然である。

会議だってずっと議論が白熱しているわけではない。単なる報告が行われているときなら、ほかのことをしながらでも十分話はインプットできるはずだ。

『時間革命 1秒もムダに生きるな』(朝日新聞出版)
(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

だから僕はつねに「すきま時間はないか」を探しながら、その一方で「同時にできることはないか」を貪欲に嗅ぎ回っている。

たとえば、僕は健康のために、ある程度のフィットネスをやっているが、基本的に屋外ランニングはやらない。走るときにはルームランナーを必ず使う。マシンを使ってランニングをすれば、走っている最中にもスマホで動画を見たり、音楽を聴いたり、ツイッターのタイムラインを追いかけたりすることができるからだ。同じことを屋外のランニングでやるのはあまりにも危険だ。

その意味では、「同時にやりやすいかどうか」を基準にしながら、ふだんの行動をデザインしていくといいだろう。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT