『専門性のある仕事がしたい』(24歳男性)

城繁幸の非エリートキャリア相談

<城繁幸氏の診断>

診断:『カギを握るのは問題解決能力と問題設定能力』

 就職活動時代は、文系ならたいてい誰でもマーケティング企画やら管理部門やらを希望するものです。理由は簡単。

 「営業は体力勝負で、使い捨ての兵隊だから」というような思い込みがあるからです。

 ところが実際どうかというと、一番転職しやすい職種は営業ですね。業界シェアはどう変動するかわかりませんが、自社の売上げが落ちている分、必ずどこかが拡大しているわけで、常に優秀な営業マンは必要なわけです。

 「自社の業務のみに特化した云々」については、営業だけではなく、全職種共通の重要なテーマでしょう。「業界のどこへ行ってもすぐ通用するような幅広い能力・経験」なんて、営業に限らず普通はありえない話ですし、企業もそんなものは中途採用で求めてはいないのです。ではキャリアとして要求されるものは何か。はっきりいうと、それは『問題設定能力』です。

 ちょっと専門的な話になりますが、社内の人材は職種を問わず、大きく2つのタイプに分けられます。問題解決型と問題設定型です。一般的に、前者は事務能力に長け、与えられた仕事を効率良くこなせます。いわゆるルーチンワークに強いタイプですね。

 でも欠点もあります。このタイプはともすれば新しいチャレンジや改革に及び腰になる点です。ルーチンワークをこなすだけなら、人間は大して頭なんて使わないものです。要は楽なんですね。
 
 そこで強みを発揮するのが後者の問題設定型です。彼らは常に自分の頭で現状を分析し、課題を見つけては取り組むことこそ業務だと考えています(もちろん、常に成功するわけではありませんが)。

 ずっと同じ会社にいるのなら、前者の方が優秀だと評価されるケースも多いでしょう。でも、新しい会社で環境をリセットして業務に取り組んでもらう以上、採用を募集する企業が中途採用者に求めるのはどちらでしょう?誰がどう考えても後者ですね。つまり、転職市場におけるもっとも重要なキャリアというのは、この問題設定能力なわけです。決して「幅広い経験」などではありません。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。