『専門性のある仕事がしたい』(24歳男性)

城繁幸の非エリートキャリア相談

処方箋:『やりがいがあるのなら、得られるものもある』

 最近は雑誌の転職特集などで“即戦力”なんてキーワードがよく目に付きます。そのため若手サラリーマンの中には「どこに行っても即戦力となれるようなキャリアを積まないと…」というような強迫観念を持つ人が多いのですが、本当に大切なスキルはたいていの職場なら積むことができます。要するに、問題意識を持って取り組む、そしてそのために必要なスキルは意識して伸ばす、ということが大事なわけですね。ご指摘の40代以上の潰しがきかない先輩達というのは、この点を怠り、ルーチンワークにだけ特化してしまった人たちでしょう。
 
 極端なドブ板営業や、単なる販売的な作業の連続ならともかく、それなりの会社の営業職でやりがいを感じているのであれば、今のままキャリアを伸ばすことは十分可能でしょう。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT