朝からダルいを解消する簡単1分エクササイズ

寝たまま実践する動かないゼロトレの凄み

たっぷり寝ても、高額な枕を買っても、なぜ、毎朝「疲れ」が残っているのでしょうか。その原因は、「体の縮み」にあります。大抵の人は、体のどこにも負担のかからない「正しい姿勢で一晩中寝る」などということはできません。

起きている間、スマホチェックやデスクワークによって、首は前に傾き、巻き肩になり、腰も丸まっていきます。この悪姿勢を解消せずに寝てしまうと、寝ている間にさらに縮みはひどくなり、筋肉はかたまっていきます。

こうして、朝起きた瞬間から体が重く感じたり、コリや痛みを感じたりするわけです。朝、この「縮み」を伸ばして、ほどいてあげないと、筋肉がかたまったままその日を過ごすことになるため、心身ともにパフォーマンスが上がらないまま、1日を過ごすことになるのです。

ホチキスでとめた状態!?

体の「縮み」は、専門的には「拘縮(こうしゅく)」といって、伸展性が失われた状態のことです。人間の体には、この拘縮がつねに起こっており、筋肉や関節が縮んで、そのままロックされてしまいます。縮んで曲がった筋肉や関節を、ホッチキスで「パチン!」ととめてしまったような状態です。

首、肩、背中、腰、股関節、ひざ、足首などが縮むことで、各部位は「元(ゼロ)の位置」(私は、これを「ゼロポジション」と言っています)からどんどんズレて、そのままかたまってしまう。いくら寝ても、マッサージにいっても、なかなか「疲れ」が抜けないのはこのためです。

縮んでしまった各部位を「ゼロポジション」に戻すことで、体の「伸び(可動域)」を取り戻し、快適に過ごせるように開発したエクササイズが「ゼロトレ」です。ここでは、パジャマのまま、ベッドで寝たままできて、しかも体を無理に動かす必要のない「動かないゼロトレ」をご紹介しますので、これで1日を快適にスタートさせてください。

2枚重ねた枕やクッションの上に、頭、首、両肩をのせて仰向けになり、右ひざを立てて、左足のくるぶしを右ひざにのせて「4の字」の形にする。次に、右腕を上に、左腕は横に伸ばす。

次ページ1分で疲れを吹き飛ばす「動かないゼロトレ」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT