朝からダルいを解消する簡単1分エクササイズ

寝たまま実践する動かないゼロトレの凄み

この30日間で、朝、快適な目覚めを迎えた日は何日ありますか?(写真:nonpii/PIXTA)
からだを動かす運動は体力向上や健康維持、気分転換にとてもよいとされています。一方で、体の「動かし方」を間違えると、腰を痛めてしまったりするケースがあります。そこでヨガトレーナーの石村友見氏が提案するのが『動かないゼロトレ』です。ゼロトレとはいったいどんなもので、どのような効果があるのでしょうか……石村さんに尋ねました。

ベストコンディションで起きるためのゼロトレ

「この30日間で、朝、快適な目覚めを迎えた日は何日ありますか?」

この問いかけに、自信を持って「はい! 毎日です」と答えられる方はどれだけいるでしょうか。実際、私が主催する「ゼロトレ」の体験会に参加される方々に聞いてみると、「過去30日どころか、この1年で快適に目覚めた日なんて記憶にありません」「起きた瞬間から腰と首が痛くて……」「いくら寝ても疲れがとれない」といった反応が返ってきます。

朝、ベッドから心地よく起き上がり、心身ともにベストコンディションで仕事に向かう。仕事中は高い集中力で最高のパフォーマンスを発揮し、仕事が終わればリラッックスして過ごしながら1日を終えて眠る。そして、朝起きた瞬間から再び「やる気」にみなぎる。こんな生産性の高い「快適な1日」をつくり出したいものですが、現実には「朝起きた瞬間からだるい……」ことが多いもの。これでは、その日のスタートでいきなりつまずいているようなものです。

そこで、1日がはじまる「朝」に“ちょっとした革命”を起こし、「快適な1日」をつくりだす1分間の「ゼロトレ」をご紹介します。しかも、ベッドで寝たままできるんです。

次ページ寝ている間に、体はどんどん縮んでいく!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • コロナ後を生き抜く
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT