ナルミヤの完全子会社化で企業再生力問われるSBIグループ

ナルミヤの完全子会社化で企業再生力問われるSBIグループ

SBIホールディングスの全額出資子会社で企業投資を手掛けるSBIキャピタル(東京都港区)は、子供服大手のナルミヤ・インターナショナル<3364>を株式公開買い付け(TOB)で、11月に完全子会社化する。

SBIキャピタルは、自社で運営・管理する企業投資ファンドを通じ、2007年にナルミヤをTOBで連結子会社化。経営陣の派遣をはじめ、経営改革に取り組んできたものの、業績改善が進展していない。完全子会社化することで、少数株主の意向に影響を受けない出資構成に変え、従来よりも踏み込んだ経営改善策を打ち出したい狙いだ。

TOB期間は9月30日~11月12日までで、買い取り価格は1株4万5000円。今回、SBIキャピタルは18億4000万円を投じて、従来55.06%だったナルミヤへの出資比率を100%まで引き上げ、完全子会社化する。同時にナルミヤは上場廃止となる見込みだ。

ナルミヤは1995年の設立。ピンクや青、黄色などの華やかな色柄で、かわいらしいキャラクターのイラストをあしらった「エンジェル・ブルー」「メゾ・ピアノ」などのブランドが人気を呼び、急成長した。04年1月期には売上高357億円、営業利益41億円を計上し、05年3月にはジャスダックに上場を果たした。だが、その後はブームの一巡や、少子化に伴う子供服市場そのものの縮小、百貨店市場の停滞などのあおりを受けて業績が悪化。SBIキャピタルが07年から資本参加し、建て直しを進めてきた。

SBIキャピタルは、かわでん、信和、フードエックス・グローブ(現タリーズコーヒージャパン)などの企業再生で実績を上げており、ナルミヤについても、企業価値を高めるために、さまざまな策を打ってきた。しかし、思うように業績は上がっていない。ナルミヤの業績は、09年1月期、10年1月期と2期連続赤字となる見通しで停滞している。

SBIキャピタルは完全子会社化によって、一段と踏み込んだ業績改善策を打ち出す狙いとみられる。ただ、市場そのものが縮小、かつ一大ブームの反動で苦しむビジネスを再生するのは容易でない。業績が上向かなければ、売却や再上場などによって投資金額を回収するイグジット(出口)のメドがつきにくくなる。

今回のナルミヤの完全子会社化は、SBIグループの企業再生力が問われる案件といえそうだ。
(武政 秀明)


《東洋経済・最新業績予想》
(百万円)    売 上  営業利益 経常利益  当期利益
連本2009.03  130,922 4,403 37 -18,375
連本2010.03予 138,500 11,500 9,500 6,100
連本2011.03予 140,000 13,000 11,000 6,600
連中2008.09  71,747 6,330 4,773 -1,523
連中2009.09予 69,500 6,000 5,000 3,400
-----------------------------------------------------------
         1株益¥ 1株配¥
連本2009.03  -1232 100 
連本2010.03予 364.5 100-180 
連本2011.03予 394.4 100-200 
連中2008.09  -116.2 0 
連中2009.09予 203.2 0 

人気記事
トピックボードAD
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。