台風19号の被災地「明日からの大雨」に警戒を

土砂災害や河川氾濫、前兆感じたら避難を

ひまわり8号から見た10月16日18時時点の日本周辺。日本のはるか南の海上に雲のまとまりが確認できる(出所:ウェザーマップ)

先週10月12日、強い勢力で日本に上陸し、猛威を振るった台風19号。広範囲に甚大な水害をもたらしました。

国土交通省によりますと、55河川で79カ所の堤防が決壊したことが16日時点で確認され、15日時点で土砂災害は少なくとも170件発生しているそうです。床上浸水などの住宅被害は、16日時点で少なくとも1万4000棟を超えています。まだ孤立状態の地域もあり、台風19号による被害の全容は明らかになっていません。

今週後半は東日本と東北でまとまった雨のおそれ

やっと水が引き始めた地域もある中、明日からは東日本と東北でまとまった雨が降り、状況次第では大雨となるところがありそうです。

気象庁は、土砂災害や新たに発生する河川の増水や氾濫に注意・警戒し、大雨に対する早めの備えをするとともに、被災した地域での災害復旧作業への影響に十分留意するように呼びかけています。

(出所:気象庁HP)

今回の雨は、前線や低気圧によって降ります。

18日(金)は前線が次第に日本付近に北上し、19日(土)には前線上に低気圧が発生して北東に進む見込みです。

18日の午前中から東海と関東甲信は雨で、午後は東北南部でも降り出します。19日は全国的に雨が降りそうです。

台風19号のときのような大雨にはならないものの、東日本と東北を中心に活発な雨雲がかかり、18日18時までに予想される24時間降水量(いずれも多いところ)は、関東南部と甲信で50ミリ〜100ミリ、関東北部で50ミリとなっています。19日にかけてさらに降水量が増えそうです。

次ページ東京では6、7月より10月の降水量が多い
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 溺愛されるのにはワケがある
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。