テレ朝の女前アナが、老若男女に好かれるワケ

ファッション、飲みニケーション、言霊

ただ笑っているだけでもダメ、出しゃばってもダメ

次に、女性からの反応は?

「ただ笑って立っているだけでは評判が悪いですし、女性の立場に立って、強がらず素直になって、見ている方と感情を共有できると、認めてもらえる気がします。

コメンテーターが話している途中なのに、ヘンに相づちを打ってさえぎったとき、『出しゃばりね』というご意見をいただいたことも。女性の方は、和を乱すとウケが悪いようです。

ご好評いただくのは、ファッションですね。通勤スタイルの参考にしている方が多いようです」

ほほ笑んでいるだけでもダメ、出しゃばってもダメ。職場で女性の支持を集めるには、その場にいる人たちとの和を重んじながら、女性の代弁者となることが求められる。

服装においても同様だ。職場の和を乱さずにファッションリーダーになれば、女性たちから一目置かれるだろう。松尾さんが番組で着ている衣装は、25歳から30代の働く女性をターゲットにしたファッション誌『Oggi(オッジ)』とコラボレーションしたもの。こうした雑誌を読むなどしてファッションセンスを磨くことは、「女前」なキャリア女性を目指すうえで、ビジネス書を読む以上に大切だ。

次ページ飲みニケーションは仕事に生きる
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。