テレ朝の女前アナが、老若男女に好かれるワケ ファッション、飲みニケーション、言霊

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 5
拡大
縮小

言霊を信じているから、マイナスの言葉は使わない

 今は夜8時には寝る生活なので、お酒を飲めるのは金曜と週末だけ。世間一般の人と生活の時間帯が違うことについて、グチめいた言葉は聞かれない。どんな話題であっても、松尾さんの口からネガティブな言葉は出てこない。

「私は言霊というものを信じているので、なるべくマイナスの言葉は使わず、プラスの言葉を言うようにしています」と松尾さん。明るく澄んだ笑顔は、言霊パワーによるものなのか!? これも「女前」の条件に入れておこう。

ふんわりした雰囲気の松尾さん

最近、ジョギングとケーキ作りにはまっている。スポーツジムではなく、自宅周辺を走るのが好きという。「景色を見ながら走ると、季節感のあるコメントができますから」。ケーキ作りは、撮影のときに女性陣がお菓子を持ち寄ってティーパーティのように楽しかったのがきっかけで始めた。「私も差し入れして、みんなに喜んでほしいから」。趣味もすべて仕事に結び付くらしい。

気になる結婚について聞いてみた。

「今すぐに結婚かと言われると……。こういう仕事をしていると、尽くしそうなタイプに思われるのですが、私、仕事、大好きだし、毎朝、ご飯作るとか無理だし~(笑)」

この日、初めてのややネガティブ発言! もし言霊があるとするなら、しばらくは毎朝、視聴者のためだけに笑顔を見せてくれそうだ。

(撮影:尾形文繁)

上田 真緒 ライター、編集者

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

うえだ まお / Mao Ueda

ビジネス誌、ビジネス書の編集者・ライター

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT