東横線とは違う「東急多摩川線」の隠れた実力

路面電車のように乗れ、使い勝手が良い

東急多摩川線の電車は地下ホームの多摩川駅を出発するとすぐに地上に出てくる(筆者撮影)

蒲田は東京南東部、城南地区随一のターミナルである。ご存じのとおり羽田空港に向かう京急空港線が本線から分かれる京急蒲田駅があり、そこから少し西に離れたところには首都圏の大動脈・JR京浜東北線が南北に通る。そしてほかにもJR蒲田駅のすぐ西側から伸びている路線がある。東急電鉄の池上線と多摩川線だ。

東急多摩川線ってどんな路線?

東急池上線と多摩川線。3両編成の短い電車が走るだけの、どちらかというと“ローカル線”である。ただ、五反田―蒲田間を走る池上線は比較的知名度が高いかもしれない。五反田という山手線のターミナルまでを結んでいたり、最近では1日乗車無料のキャンペーンをやったりしていて、それなりに話題になることも多い。そう言えば、かつて西島三重子の歌う『池上線』がヒットしたこともあった。

ところが、それに対して東急多摩川線はどうだろう。走っている区間は多摩川沿いの多摩川―蒲田間。わずか10分と短いし、沿線にこれといった観光スポットがあるわけでもなく、蒲田というターミナルに集う鉄道路線の中では目立たない路線ではないだろうか。かくいう筆者も、東急の路線の中で東急多摩川線だけは乗ったことがなかった。

いったいどんな路線なのか。沿線にはどのようなものがあるのか。

次ページどんな路線?2人の駅長に話を聞く
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。