独裁者たちが「デザイン」にこだわった理由

ヒトラーやムッソリーニ、毛沢東の手法とは

──ヘイトポスターは権力者の意図が明確ですが、ひそかな洗脳にはどう対抗すべきでしょう。

デザインは中立的ですが、皆に同じことを言わせ、同じことをさせる同調圧力を強化するために過剰に利用されます。そうした裏のはかりごとを見抜く力、一種の教養がないと簡単にデザインに取り込まれてしまう。昔から権力者は焚書をやってきて、本書の4人も例外ではありません。ヒトラーは政権を奪取した4カ月後に大焚書を実施、毛沢東は民衆には『語録』さえあればいいという態度。これは裏返すと、知識が反乱の芽を育むことを知っていたからです。

尊敬する、歴史探偵の先達、半藤一利さんは、戦争で一番の問題は熱狂、という主旨のことを言っています。熱狂したら教養も何もなくなりますからね。だから、独裁者は同じ言葉を連呼したり、ヘイトポスターを連貼りしたりして熱狂をつくろうとしたわけです。

現在はデザインよりSNS

──現在の世界の独裁者はデザインの利用に熱心に見えません。

インターネットが発達して、デザインを使ってビジュアルで見せるよりも、SNS(交流サイト)を使って言葉で発信したほうが、直接的に個々人に届いて効果的だということがわかってしまった。

『独裁者のデザイン ヒトラー、ムッソリーニ、スターリン、毛沢東の手法』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトへジャンプします)

もはやヘイトポスターが貼れる時代ではなく、デザインが社会を洗脳する力は格段に低くなった。毒になるデザインが活躍できなくなったのはいいことなのですが、単にSNSに取って代わられただけなら、デザイナーとして正直悲しい。図らずも、毒のあるデザインへのレクイエムを書いた形になりました。

──毒が消えたわけではない。

言葉の時代になっても、本質を見抜く力がなければ、熱狂させられてしまう。しかもネット上の言葉は削除も修正も改ざんも可能。権力者にとって都合がいい。そう考えると、現代においても権力者が恐れるのは簡単に修正できない紙の本。私たちは再び焚書を目にすることになるかもしれませんね。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT