やりたくないことを「たった5秒」で始める裏技 朝起きられない人必見!悪習慣は変えられる

印刷
A
A

数えることも動くことも、行動にほかなりません。いつもなら考え込んで自分を止めてしまう場面で、行動するように自分に教えることで、めざましい変化が起きるでしょう。

カウントダウンする間に、重要なことがいくつも起きるからです――不安が収まり、やるべきことに集中し、行動しなければと思うようになり、ためらったり、考えすぎたり、自分を制止してしまったりする悪い癖が起こらなくなります。

「1、2、3、4、5」と普通に数えても、5秒ルールは効くのかって? 答えはノーです。普通に1から数えると、止まらなくなってしまいます。でも、「5、4、3、2、1」とカウントダウンすると、「1」のあとに行き場がなくなり、行動しようという気になるのです。

起きられない朝、ロケットみたいに飛び起きてみた

Q. どうして5秒ルールと名づけたのですか?

よく聞かれる質問です。気の利いた回答をしたいところですが、私が「5秒ルール」と名づけたのは、初めてこれを試した日の朝に、最初にこの名前が思い浮かんだからです。

ぴったりの名前だと思いました。その前夜に宇宙ロケットが発射する場面をテレビで見た私は、「宇宙ロケットみたいに、私もベッドから飛び起きればいいんだ」と思いつきました。

翌朝、私はNASAのロケット発射をまねて「5、4、3、2、1」とカウントダウンしました。5から数え始めたのにはとくに理由はなく、5秒ぐらいがちょうどいいと感じたからです。 

やがて、世界にはいろいろな「5秒ルール」があることを知りました。例えば、食べ物が床に落ちても5秒以内に拾えば食べられるとか、バスケットボールの5秒ルールとか。夏に犬を散歩させるときも、歩道に5秒ほど手をふれて、路面が熱すぎないかを確認してから犬を散歩させます。

5秒ルールには共通点が1つあることに気づきました。どのルールも、5秒以内に体を動かさなければならないことです。

私の5秒ルールでも、体を動かすことはいちばん重要な要素です。体を動かせば、おのずと心も動くからです。この名前はふさわしいだけでなく、ぴったりではないでしょうか。「5秒ルール」という名前を聞くと、決断は5秒以内に下さなければならないことを思い出しますし、この名前のほうが普遍的でなじみやすく、ふさわしいからです。

次ページゼロまでカウントしてしまうと何が起こる?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT