やりたくないことを「たった5秒」で始める裏技

朝起きられない人必見!悪習慣は変えられる

眠たい朝でも、5秒数えるだけで布団から出られる?(写真:evgenyatamanenko/iStock)
たった5秒間。カウントダウンをするだけで、めんどうなこと、やりたくないことを始める勇気が湧き上がる――。女性司会者のメル・ロビンズ氏は、人生のどん底にいたときに「5秒ルール」を見つけ出しました。
5秒ルールは、シンプルなメタ認知ツールです。人の行動パターンをすぐに変えることができ、その効果は長続きすることが研究でも裏付けられています。アメリカで100万部売れた大ベストセラー『5秒ルール―直感的に行動するためのシンプルな法則』から一部を抜粋し、習慣を変える裏技を紹介します。

5秒ルールとは何か?

この何年か、私はよく5秒ルールについて質問されるようになりました。みなさんに5秒ルールを使っていただくために、手始めにこの最強ツールについて私がよく聞かれる質問とその回答を紹介します。

Q.5秒ルールはどう使うの?

5秒ルールの使い方は簡単です。目標を達成したいとき、責任を全うしたいとき、やらなければと思いながらも腰を上げられないときは、5秒ルールを使いましょう。

まず、心のなかで「5、4、3、2、1」とカウントダウンします。数えるうちに、目標ややるべきことに集中できるようになり、心のなかにある不安や雑念や恐怖心が気にならなくなります。

そして「1」になったら、すぐに動く。それだけです。至ってシンプルですが、念のためもう一度言います。

やらなければならないことがあるのに、自信がないとき、不安なとき、萎縮してしまうときは、「5、4、3、2、1」とカウントダウンして、自分の主導権を握りましょう。数えるうちに心が落ち着きます。そして「1」になったら、動くのです。

次ページ宇宙ロケットの発射から着想を得た
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。