やりたくないことを「たった5秒」で始める裏技

朝起きられない人必見!悪習慣は変えられる

眠たい朝でも、5秒数えるだけで布団から出られる?(写真:evgenyatamanenko/iStock)
たった5秒間。カウントダウンをするだけで、めんどうなこと、やりたくないことを始める勇気が湧き上がる――。女性司会者のメル・ロビンズ氏は、人生のどん底にいたときに「5秒ルール」を見つけ出しました。
5秒ルールは、シンプルなメタ認知ツールです。人の行動パターンをすぐに変えることができ、その効果は長続きすることが研究でも裏付けられています。アメリカで100万部売れた大ベストセラー『5秒ルール―直感的に行動するためのシンプルな法則』から一部を抜粋し、習慣を変える裏技を紹介します。

5秒ルールとは何か?

この何年か、私はよく5秒ルールについて質問されるようになりました。みなさんに5秒ルールを使っていただくために、手始めにこの最強ツールについて私がよく聞かれる質問とその回答を紹介します。

Q.5秒ルールはどう使うの?

5秒ルールの使い方は簡単です。目標を達成したいとき、責任を全うしたいとき、やらなければと思いながらも腰を上げられないときは、5秒ルールを使いましょう。

まず、心のなかで「5、4、3、2、1」とカウントダウンします。数えるうちに、目標ややるべきことに集中できるようになり、心のなかにある不安や雑念や恐怖心が気にならなくなります。

そして「1」になったら、すぐに動く。それだけです。至ってシンプルですが、念のためもう一度言います。

やらなければならないことがあるのに、自信がないとき、不安なとき、萎縮してしまうときは、「5、4、3、2、1」とカウントダウンして、自分の主導権を握りましょう。数えるうちに心が落ち着きます。そして「1」になったら、動くのです。

次ページ宇宙ロケットの発射から着想を得た
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT