「Twitterで大炎上する会社」にありがちな失態

講談社にキリン、銀魂「炎上事例」を一挙紹介

近年、女性性を決めつけたり、女性を揶揄するコンテンツの炎上事案は非常に多く、2019年にも後ろで足を引っ張り合う女性のイラストが批判を集めたLOFTのバレンタイン広告、パパのためのママの気持ち翻訳コンテンツが女性脳・男性脳を決めつけているとして批判を浴びたグリコの「おしえて!こぺ!」サイトなど、炎上が続いている。

2019年2月には、「皆さん恵方巻の注文を取ってきて下さい。お客様から頂けなければ自分の家の分を注文 お給料を頂いているからには1つでも注文すること」というコンビニチェーンからバイトへの強要と見られるホワイトボードの書き込みがユーザーの投稿から炎上するなど、内部からの情報流出によって炎上する事例も起きた。

炎上の火種はできるだけ早く見つけ、事実であれば素早く誠実に謝罪し、事実でなければ否定する必要がある。3〜4時間以内に炎上は拡大してしまい、ニュースになってしまうこともあるので、素早い対応が求められる。対応が遅くなるほど炎上につながりがちなので、注意が必要だ。

今回ご紹介した事例のように、SNSを使っていなくても炎上は起きてしまう。逆に、利用していればすぐに公式アカウントで謝罪ができるなど、釈明や火消しができるメリットもある。

誤爆で「好感度アップ」した例も

冒頭でご紹介したように、担当者が誤爆してしまう例は多い。例えば、人気漫画の映画公式アカウント「映画『銀魂2』公式」では、2018年8月に「ミッション:インポッシブルフォールアウト、<中略>トムクルの『観客の見たいものを見せる』精神が私にとってクリーンヒットで号泣」と担当者がプライベート投稿で誤爆。

しかしその後、謝罪に続いて「某秘密諜報機関の映画もとっても面白いと存じますが、この週末は銀魂2!どうぞ銀魂2を劇場で!」とフォローツイート。

誤爆がむしろ映画愛を感じさせる内容だったことが功を奏した。

次ページ誤爆が「炎上」に発展することも
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT