NBA渡邊雄太「小学生からの夢を叶える思考法」

大切な決断をするときに本当に重要なこと

僕自身も、「アメリカでチャレンジできるなら、ぜひしてみたい」と思うようになりました。ただし、そんなに早くアメリカが見えてくるとは思っていなかったので、具体的に何をすればいいのかまったくわかりませんでした。

さらには、「アメリカに行きたい」という希望をいざ表明すると、今度は一転して否定的な意見があちこちから聞こえてきます。

「いまさら行ってももう遅い」

「英語がしゃべれないのに、アメリカでどうやって生活するんだ?」

どこからともなくネガティブな意見が発せられたのです。

思い返せば、ネガティブな意見を言う人は、僕のことをあまり知らない人か、実際にアメリカに行ってプレーした経験のない人たちばかりだったような気がします。

人と何か違うことをやろうとするとき、否定的な意見を言う人は必ず出てくるものなのかもしれません。そんなときに大切なのは、自分の気持ちに素直に耳を傾けてみること。ネガティブな声に惑わされ、判断を誤るのは得策ではありません。

応援してくれる父母と渡邊雄太選手(c)小林靖

僕のケースで言うと、「NBAでプレーする」という夢にチャレンジし、仮に結果が出なくても、十分納得できたはずです。しかし、チャレンジもせずに終わっていたら、間違いなく後悔していたことでしょう。

「挑戦しただけで成功であり、それだけでも十分だ」

何をするにしても「挑戦」を決めた時点で、その決断は評価されるべきなのです。

事実、僕自身も渡米前にはそう自分に言い聞かせて、気持ちを奮い立たせていました。

バスケットボールに限らず、スポーツやビジネスなどの分野で、外国に行って挑戦したいと考えている人もいるでしょう。

そんな人たちに僕が伝えたいのは、「覚悟と決意があるなら、絶対に行ったほうがいい」ということです。

この場合、成功できるかどうかに惑わされる必要はありません。「覚悟」と「決意」が重要であり、それがあるのなら絶対に行くべきです。

実は、僕がアメリカ行きを決めたあと、父はNBAのフェニックス・サンズでプレーした経歴のある田臥勇太さん(宇都宮ブレックス)に連絡を取り、アドバイスをもらっていました。田臥さんは日本人初のNBAプレーヤーであり、道を切り開いた人として、バスケ界でとても尊敬されている選手です。

次ページ自戒の意味での危機感
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • はじまりの食卓
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
株式投資・ビジネスで勝つ<br>決算書&ファイナンス

この1冊で企業財務がぐっと身近に。PL、BS、CSの基本から、キーワードで読み解く業界分析、買収価格算出などの応用まで、厳選30のノウハウを丁寧に解説。業績絶好調企業に加え、会計と実態の差を補う疑似資産、会計利益先行率のランキングも。