NBA渡邊雄太「小学生からの夢を叶える思考法」

大切な決断をするときに本当に重要なこと

その田臥さんが父に伝えてくれた内容は、経験者ならではの率直なものでした。

「アメリカに行く決断は間違っていません。絶対に行ったほうがいいです」

これを聞いてからというもの、周囲のネガティブな意見はまったく気にならなくなりました。

失敗を恐れない覚悟

NBAという世界トップレベルのバスケットボールリーグで勝負しているいま、いつかどこかで壁にぶつかり、挫折するかもしれないという危機感を僕はつねに抱いています。

実際のところ、スタッツが振るわず、契約を解除されてしまった選手を何人も見ていますし、その対象が自分になる可能性はいつでもあるのです。危機感を持つのは、いまよりも高いレベルへ到達するための自分への戒めであり、それを感じることで現状に甘えないようにしているとも言えます。

ただし、危機感はあっても恐怖心はありません。

そもそも、恐れを感じて悩んだところで意味はないのです。人が何かに挑戦するとき、必ず壁や挫折に遭遇します。

「すべてが望みどおりにいくわけはない」

これが僕の考えであり、先のことに一喜一憂せず、いま自分ができる事柄に全神経を集中することのほうが大切です。

スポーツであれ、ビジネスであれ、「何かに挑戦した」という事実には常に価値があります。うまくいかなかったからと言って、挑戦をするまでのプロセスが無駄になるわけではありません。

『「好き」を力にする』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

これが僕の信条なので、この先、仮に壁にぶつかってしまったとしても、僕はそれを「失敗」と呼ぶつもりはありません。そんな「覚悟」で僕は毎日バスケットボールに向き合っています。

挑戦することで人は成長し、その過程で多くのことを得られます。行動を起こす前から諦めてしまったら、手にできるものは何もない。

高校時代の恩師であるバスケットボール部の色摩拓也先生が、アメリカに行く前に僕に言ってくれた言葉があります。

「失敗した人とは、成功しなかった人のことではなく、諦めてしまった人のことだ」

この言葉を胸に刻みながら、僕はこれからも果敢に挑戦していこうと考えています。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。