新入社員はなぜ「期待はずれ」なのか 失敗しないための採用・面接・育成 樋口弘和著

新入社員はなぜ「期待はずれ」なのか 失敗しないための採用・面接・育成 樋口弘和著

「期待はずれ」の悲劇を予防し、「相思相愛」で採用するにはどうすべきか。面接者には会社の社風を具現化しているような人材を当て、学生時代にがんばったこと、自己PRなどの答えの準備された質問は時間のムダ。もちろん面接をあらたまった席にせず、社内の評価制度を使った採用基準で臨む。それも「過去の行動事実」のみを基準にすべき。話題の選定を学生に委ねていいわけはない。第一印象のマジックに勝つには「良い評価」はその検証に徹することだ。採用後は目標の進捗管理、メンター制導入、1年先輩によるフォローが効果的だ。

米国流にも習熟した人事・採用コンサルが投資の観点から人材を見抜く手法を披露。ダメ人材10タイプも役立つ。

光文社新書 777円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT