神戸への対抗心で巨大化、「姫路駅」の紆余曲折

かつてはモノレールも走った播磨の拠点都市

モノレールの姫路駅と手柄山駅の中間に大将軍駅が開設された。大将軍駅は公団住宅の3~4階部分にホームがあるという特殊な構造で、廃線後も撤去されずにそのまま残されていた。

モノレールの軌道が飛び出している解体前の公団住宅(筆者撮影)

石見は姫路駅を中心とした市街地の活性化にも着手。応急処置的な駅を改築し、新たに駅ビルを併設。こうして駅を中心に繁華街が形成されていった。

着々と大姫路を実現していた石見だったが、その夢は1967年についえる。急速にインフラ整備をしたツケが、市の財政を圧迫。これが大きな影を落とし、石見は市長選で落選した。これにより、石見の肝いり政策だった姫路モノレールは1974年に運行を休止。そのまま廃線に追い込まれた。

鉄道の要衝としてさらに発展

石見市政に終止符が打たれたものの、姫路駅はその後も鉄道の要衝地として発展していく。1972年、山陽新幹線の新大阪駅―岡山駅間が開業。当初、国鉄当局は神戸駅にひかりを停車させるため、同じ兵庫県の姫路駅はひかりを通過させる方針だった。しかし、姫路政財界の強い要望により、一部のひかりが停車するダイヤに変更された。

一般公開された大将軍駅の改札(筆者撮影)
大将軍駅の駅名標(筆者撮影)

1987年には駅の高架化が決まり、約20年をかけて駅舎改築と高架化工事は進められた。2006年に山陽本線、2008年に播但線と姫新線が高架へと切り替わり、駅舎も4代目へリニューアル。南北の駅前広場も装いを新たにした。

大姫路の夢は絶たれたものの、姫路駅を中心に求心力を高める姫路市は、現在も政令指定都市への昇格を目指して歩を進めている。

2016年、大姫路に向かって走り続けた石見の夢の跡ともいえる大将軍駅が、公団住宅の取り壊しに伴って解体された。モノレールの最後の姿を目に焼きつけてもらおうと、姫路市は遺構として残っていた大将軍駅の内部を一般公開。くしくも、大将軍駅の一般公開を決めた姫路市長は石見の息子・利勝だった。

廃線後、モノレールの終着駅は手柄山交流ステーションへと改築。そこには、モノレール車両などを展示している。また、手柄山の麓にある中央公園の一画には石見を称える像が建立されている。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT