神戸への対抗心で巨大化、「姫路駅」の紆余曲折

かつてはモノレールも走った播磨の拠点都市

再開発によってにぎわいが増した姫路駅の北口広場(筆者撮影)

今年4月、兵庫県姫路市は市制施行130周年を迎えた。

市制施行当時、姫路市の人口は約2万7000人。国内でもっとも人口が多かったのは東京市で約138万人。大阪市の約47万人、京都市の約27万人と続く。姫路市は、決して人口が多い都市ではなかった。

播磨の拠点都市として、姫路市が成長した理由のひとつは明治から平成にいたるまで市町村合併を繰り返した点にある。とくに、GHQ主導で進められたラモート合併は姫路市を巨大化させた。合併を繰り返したため、姫路は多様性を帯びた都市になっている。しかし、姫路市の歴史を振り返ると、多様性を拒み続けてきた時期も長い。

鉄道建設は順調でなかった

姫路が市制を施行する前年、山陽鉄道(現・JR山陽本線)が兵庫駅―明石駅間を開業。さらに、1カ月後には姫路駅まで線路を延伸した。この来歴を見ると、兵庫駅以西の鉄道建設がいたって順調のようにも見える。

しかし、実際は違う。

わが国最初の鉄道は、1872年に新橋駅―横浜駅間で産声を上げた。2年後、早くも大阪駅―神戸駅間が開業する。どちらの鉄道も東京・大阪という大都市と開港地である横浜・神戸を結ぶことを企図している。

大阪駅―神戸駅間を結んだ鉄道は、わずか3年後の1877年には京都駅まで延伸。一方、神戸駅から西への線路は、早い段階から延伸計画が浮上していたものの実現はしていなかった。

次ページなぜ計画が進まなかったのか
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 溺愛されるのにはワケがある
  • iPhoneの裏技
  • 大槻奈那先生、金融の修羅をゆく
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
東芝vs.モノ言う株主<br>取締役選任案めぐる攻防戦

ガバナンスの強化などを求める「モノ言う株主」から、取締役の選任を要求された東芝。反対表明と同時に、約40%を保有するキオクシアHD( 旧東芝メモリ)株の売却による株主還元方針も発表しました。7月末の株主総会は将来を決める試金石となります。