神戸への対抗心で巨大化、「姫路駅」の紆余曲折

かつてはモノレールも走った播磨の拠点都市

神戸駅―姫路駅間の鉄道計画が進まなかった理由は、兵庫県の複雑な成り立ちにある。1871年の廃藩置県で兵庫県・飾磨県・豊岡県の3県が誕生したが、行政効率化を目的にして5年後に3県は統合させられる。県庁は神戸に設置。飾磨県・豊岡県は県庁が遠くなったことに不満を抱いた。

中央から派遣されていた県令・内海忠勝は姫路の不満を鎮静化させるべく、神戸と姫路を結ぶ鉄道の建設を中央政府へ働きかけた。神戸―姫路間のアクセスが改善されれば、県庁は近くなる。内海には、そんな思惑があった。神戸を一大拠点にしていた三菱財閥や藤田財閥なども、鉄道建設によって物流が促進されてビジネスに役立つことから、鉄道計画を積極的に支援した。

神戸駅から岡山・広島を通り馬関(現・下関)まで建設することを条件に、政府は神戸以西の鉄道建設を許可した。ただし、政府は財源が枯渇していたため、三菱財閥の影響力が強い私鉄・山陽鉄道によって神戸駅―馬関駅間が建設された。山陽鉄道は1888年に姫路駅を開設。こうして、姫路は開港地・神戸や商都・大阪と鉄道で結ばれた。

県都・神戸への対抗心

しかし、神戸と直結したことを手放しで喜ぶ姫路市民はいなかった。兵庫県に組み込まれた後も、姫路市民の間には新たな県都・神戸への対抗心に並々ならぬものが残っていた。そのため、姫路では旧飾磨県復活を求める要望は絶えなかった。

山陽鉄道の開業は、飾磨県復活の芽を摘み取られる危機でもあった。だが、姫路市民の思いとは別のところで、事態は大きく動いていく。

兵庫県の生野銀山は、戦国時代から大量の銀が採掘されることで知られる。明治政府も生野銀山から採掘される銀に着目しており、生野銀山は日本初の官営鉱山に指定された。しかし、生野銀山は兵庫県の山中にあり、採掘された銀の運搬には人手と時間を要した。

明治政府はお雇い外国人に馬車道を整備させ、輸送のスピードアップを図った。さらにスピードアップを図るため、生野から積出港だった飾磨港には馬車鉄道も計画された。同計画はブラッシュアップを経て、通常の鉄道に変更。このときの計画が、播但鉄道(現・JR播但線)だった。

播但鉄道は貿易で栄える神戸に莫大な利益をもたらす。また、丹波・但馬地方の製糸業発展にも大きく寄与する。そうした事情から、神戸の実業家や丹波・但馬の製糸業関係者が播但鉄道へ多額の出資をした。

次ページ姫路の実業家たちは出資せず
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナショックの大波紋
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。